取扱い作家
着物・古布

小倉淳史おぐらあつし

  • 小倉淳史は昭和21年、京都生まれの染色工芸家です。小倉家は130年以上の歴史があり、当代で4代目です。

    初代小倉萬次郎は友禅染の代表となり活躍しました。当代の小倉淳史は日本伝統工芸展に入選以降大阪、京都などの画廊で個展を開き活躍し続けております。平成31年には京都府指定無形文化財「絞り染」保持者に認定されています。買取り相場でも人気作家として認知されております。