取扱い作家
着物・古布

平良敏子たいらとしこ

  • 平良敏子は1920年沖縄県大宜味村喜如嘉生まれの戦後芭蕉布の復興に尽力された昭和・平成を代表する染織家の一人です。

     

    第二次大戦時は女子挺身隊として岡山県倉敷市にあった倉敷紡績の工場で飛行機を組み立てる仕事に従事しておりました。この倉敷がその後の平良敏子の人生を運命づけるとはご自身も思わなかったでしょう。

    倉敷紡績の社長は大原総一郎柳宗悦の唱える「民芸運動(民藝運動)」の支持者でもありました。民藝を通して沖縄文化への造詣も深かった大原は平良ら沖縄から来た挺身隊に一目置いておりました。終戦後、大原総一郎から「沖縄の文化を倉敷に残そう。織を勉強しないか?」と提案された平良は倉敷の染織家・外村吉之介にを師事し染織を学びます。この大原総一郎と後の倉敷民藝館館長・外村吉之介の民芸(民藝)に対する熱い想いに深く感銘した平良敏子は昭和21年という戦後間もない時期に沖縄喜如嘉に帰郷し芭蕉布を復興させんと奮闘します。

     

    アメリカ軍により芭蕉布の原料となるイトバショウはマラリアの原因となる蚊を発生させる原因とされ伐採されており、先ずはその栽培から始まりました。着尺1反分の糸を積むのに約200本の原木が必要と言われている芭蕉布の復興は時間と手間と根気が必要とされる仕事でした。イトバショウは育つまで3年かかり、しかも初めはなかなか着尺を織るだけの良質な糸が採れず着物ではなくテーブルセンターやクッション、ネクタイなど小物を制作していたと言われております。

    それでも「私たちがやめてしまったら、沖縄から芭蕉布はなくなってしまう」その想いが強くあったのでしょう、決して諦めず、技術と品質の向上に努め昭和38年(1963年)芭蕉布織物工房を主催します。

     

    芭蕉布の工程は芭蕉を育て、手入れをし、切り倒し、苧績み(おうみ)染、織とすべて手作業で行われます。苧績みは手で糸を紡ぐ作業で最も経験が必要とされる作業です。この工程は500年以上変わっておらず、これからも変わることはないでしょう。喜如嘉の女性たちが伝えてきた沖縄衣装の原点です。

     

     

    平良敏子のこうした努力は功績として徐々に認められ昭和44年(1969年)に第4回西部工芸展出品・日本民藝館賞受賞、昭和48年(1973年)の卓越技能賞受賞「現代の名工」認定を経て昭和49年(1974年)「喜如嘉の芭蕉布」が国の重要無形文化財として認定され、沖縄本土復帰と沖縄観光ブームも重なり芭蕉布も全国に知られるようになりました。

     

    さらに昭和53年(1978年)の第2回全国伝統工芸展に出品し通産大臣賞を受賞するなど平良敏子は工芸を芸術にしたとさえ言われており、平成12年(2000年)ついに重要無形文化財「芭蕉布」保持者、いわゆる人間国宝として認定されます。

     

    芭蕉布に対する想いは常に一途で「沖縄の郷土に生まれた祖先たちが何百年前から守り続けてきた伝統の文化を、芭蕉布の技術を絶やしてはいけない」という献身的な愛に他なりません。

     

     

    女史はこう語っておりました

     

    「私たちを見守るだけでなく一緒にやろうという人が増えてくれたなら、芭蕉布は末永く後世に受け継がれていくことでしょう。私たちはそう信じ、また願っています。」

     

     

     

    呂芸の平良敏子・芭蕉布の買取りはここをクリック