取扱い作家
着物・古布高級着物

森口華弘もりぐち かこう

  • 森口華弘は明治42年滋賀県守山市岡町に生まれた着物、染織作家です。

    中川華邨に師事、その後疋田芳沼に師事し日本画を学びます。昭和33年に日本伝統工芸展で朝日新聞賞を受賞します。昭和42年に無形文化財「友禅」の保持者に認定されます。平成20年逝去。息子の邦彦と同時期に親子で無形文化財に認定された作家は他にいません。その作風は高度な蒔糊技術や友禅の暈しの技法を使った大胆でありながらも落ち着きのある作風が特徴といえます。