取扱い作家
人形

次郎左衛門じろうざえもん

  • 治郎左衛門は江戸時代中期に活躍した京都の人形師・菱屋岡田次郎左衛門のことを指します。

    菱屋岡田次郎左衛門は次郎左衛門雛の創案者で、座雛の様式を完成させたと言われております。

    次郎左衛門雛は延享(1744年)ごろから作られ始めたと言われており、その特徴は丸顔に細い眼・小さな唇と鍵鼻、雅趣に富んだ作品が残されております。

    宝暦年間(1751年~1764年)に菱屋岡田次郎左衛門は江戸へ進出し、当時人気を博していた享保雛に代わって人気を独占する雛人形となりました。

    京都の公家や将軍家など上流階級向けに始まった次郎左衛門雛は一般層まで浸透し江戸時代中期を代表する雛人形と言っても過言ではありません。

     

     

    次郎左衛門の人形高額買取は呂芸にお任せください

メディア情報