取扱い作家
絵画

浅井忠あさい ちゅう

  • 浅井忠は安政3年江戸、佐倉生まれの洋画家です。

    幼少から花鳥画に優れており上京後国沢新九郎に師事し油絵を学びます。その後十一字会を結成し「春畝」を出品します、「春畝」はその後重要文化財となります。明治35年から京都高等工芸学校教授を務め日本の洋画に尽力します。明治40年逝去。