取扱い作家
絵画

近藤浩一路こんどう こういちろ

  • 近藤浩一路は明治17年山梨県南部町生まれの日本画家です。

    近藤家は江戸時代に南部宿の本陣を務めた家柄で裕福な家庭に育ちます。大正4年に読売新聞社に入社します。大正8年に日本美術院第六回展で入選を果たし川端龍子や浦上玉堂の影響を受けた写実的な作風が評価され、その後パリで個展を開きます。昭和11年以降日本美術院を脱退し東久留米市にアトリエを構えます。昭和37年逝去。