取扱い作家
着物・古布

野口彦太郎のぐち ひこたろう

  • 野口彦太郎は明治8年に創業した呉服商「大彦」の3代目です。

    初代から続く大彦の友禅染と日本刺繍を融合させた絵画的な作品を製作しており高い評価を得ています。野口彦太郎の着物は買取り業界でも人気作家として認知されております。