江戸期刺繍
えどきししゅう

江戸期刺繍

江戸期刺繍
  • 江戸期刺繍
  • 江戸期刺繍
江戸期刺繍

刺繍は様々な染織にさらに意匠を重ねる加飾の技術です。

それは世界各地で独自に発生しそれぞれ影響し合いその国、その時代の刺繍を確立させてきました。

 

日本において刺繍の歴史は飛鳥・奈良時代の仏教伝来まで遡ります。 日本最古の刺繍は飛鳥時代、推古天皇の時代、厩戸皇子(聖徳太子)の死を悼んで王妃橘大郎女 (たちばなのおおいらつめ)が作らせたという天寿国繍帳(奈良県・中宮寺蔵)が作例として残っております。

返し繍(かえしぬい)という、糸を進めながら少し戻しを繰り返し輪郭や布地全体を埋め尽くすような手法が用いられております。刺繍により仏教的世界観を描く様式を「繍仏」と言いますが、日本の刺繍はこの様に当初、 繍仏や荘厳具として用いられておりました。 刺繍が衣裳に用いられるようになったのは室町時代と言われております。

 

室町時代、日本は中国・明と勘合貿易をしており、明より良質な染織品が輸入されておりました。 唐織や厚板といった舶来品の織物は能装束などに用いられ日本伝統芸能の礎となりました。 刺繍に関しても、全面を埋め尽くすような太めの糸を用い、立体的に花鳥などの文様を繍う明繍の様式の影響は少なくないのですが、ただそれを踏襲することなく日本独自の様式へ変化させた時代でもあります。 明繍では息苦しいほどの密度で金駒繍されたところが日本では摺箔と言われる技巧を用い、空間に 余裕を待たせた構成にするなどがその一例として挙げられます。

 

そしてこの後に続く桃山時代こそ日本刺繍史上最も華やかな時代と言っても過言ではありません。

 

衣裳の肩と裾に刺繍なども模様をはめ込む「肩裾模様」と呼ばれるものや、絞染を基調とし描絵・摺箔や刺繍を施し優雅な花鳥図を描き出す「辻ヶ花(辻が花)」が盛んに作られるようになりました。 いわゆる桃山小袖と呼ばれるこの様式は現在の着物の形や意匠を構成する基礎的要素を含んだものと言えます。 桃山時代の刺繍の代表的技法として挙げられるのが「渡し繍」です。 渡し繍とは、平糸を緩やかに引き布地の表面にのみ糸を通す技法です。裏側には最小限の糸しか 通さないため通常では糸が浮いてしまいますが、それ防ぐため文様の輪郭の意味合いもこめた 留め繍を施します。

 

 

江戸の世になりますと着物は染めの要素が大きくなっていきました。刺繍は染めでは表現できない豪華さなどを加飾するかたちで表現されていきます。 江戸時代初期、桃山小袖から「慶長小袖」と呼ばれる、黒や紅、白を基調とした地に摺箔と刺繍でびっしりと埋め込む技法へと変化しました。地も見えないほど埋め尽くしたことから別名「地無し小袖」とも呼ばれており、桃山に比べ色彩は重いのですが摺箔と刺繍の効果が却って効果的に作用しているのが特徴です。

 

江戸時代前期に誕生した「寛文小袖」の特徴はダイナミックな構図をとるところです。右肩を起点に左肩そして右裾の方向に模様を伸ばす構図、それはさながらCの字を逆にした月の形にも見えます。左の後ろ身頃に余白を意図的に作り大胆かつ繊細な模様を金糸と絞を活用し描き出します。刺繍の手法自体は桃山時代とあまり大差ないのですが用いられた金糸の量は桃山<慶長<寛文と圧倒的に差が出ます。寛文小袖に用いれた技法には金駒繍があります。金駒繍とは明繍でも使われていた刺繍のひとつですが撚金糸と呼ばれる太い金糸など直接布地に刺して通せない糸を「駒」と呼ばれる木製の糸巻きに巻きあらかじめ描いた下絵をなぞるように糸を引き延ばし、別の糸で留め繍いをしていく手法で寛文期の刺繍に多く見られる特徴です。

 

時代は下り徳川綱吉の時代、「元禄小袖」は染・繍の総合芸術作品へと昇華します。元禄小袖は寛文小袖にあった左の後ろ身頃の余白がなくなり模様を全体に散らす構図を取ります。この時代には友禅染の技術も完成され染色分野が格段に進歩しました。それに伴い刺繍自体も豪華さを極め、技の冴えはこの上なく針目は揃い、立体感溢れる刺繍の魅力を最上まで高めた時代と言っても過言ではありません。 用いられた手法は主に糸を撚らない平糸による「平繍」と「まつい繍」が挙げられます。繍技としては 特殊なものではありませんが、着物全体に満遍なく散らされた刺繍のその精密さ・繊細さ・豪華さは 群を抜き、友禅染との相乗効果で迫力ある意匠を凝らした時代になります。

 

その後、中期・後期と進むにつれ、元禄繍のような派手さ・外連味ではなく、より整理された意匠へと 変化していきます。 また江戸後期の刺繍の大きな特徴は写実性にあります。これも友禅染との兼ね合いによる需要からだと 考えられておりますが、「平繍」はもちろん「刺し繍」や「割繍」「相良繍」を意匠によって使い分け、写生的に表現しました。江戸期は初期・前期・中期・後期とそれぞれ時代に合わせた繍技があり学術的にも鑑賞的にも非常に価値ある時代と言えるのではないでしょうか。

販売古布一例

※店内には様々な古布を豊富に取り揃えております。随時古布買取も行っております。