江戸縮緬
えどちりめん

江戸縮緬

江戸縮緬
  • 江戸縮緬
  • 江戸縮緬
江戸縮緬

縮緬(ちりめん)とは表面にシボのある絹織物のひとつです。

経糸に撚りのない生糸、 緯糸に強い撚りをかけた絹糸を平織にし精練することで撚りが戻り、 その戻りが布地全体に広がるシボを作り出します。 緯糸の渡し方によってシボの大きさに変化をもたせることができ 「一越縮緬」や「二越縮緬」と呼ばれ方も変化します。

シボがあることによりシワが寄りにくくなると共に、繊細な凹凸が光を乱反射させ 染め上がりの色合いに深みが増すようになります。 江戸ちりめん(江戸縮緬(は古布の中でも特に高価な正絹の生地のひとつです。

 

江戸ちりめん(江戸縮緬)とは幕末から明治初期までの縮緬を指すことも多く、 大正や戦前の縮緬に比べてもそのキメの細かさと薄さ、滑らかな質感は明らかに異なります。 絹糸自体が細く繊細で、布に透明感があります。 江戸期から明治期中心に飼育された蚕に「小石丸」という種類がありました。

小石丸は奈良時代より飼育が始まった日本固有種で、江戸期から明治期において養蚕の主流品種でした。 小石丸の特徴として 糸が極めて細く更に毛羽立ちが少ない上、糸の針が強く良質 ひとつの繭から取れる糸の長さは400~500mで従来の蚕の繭の半分以下 病気に弱い上、産卵数も少なく飼育に手間がかかる などが挙げられ極上の糸が取れるが生産性が悪いと言え、したがって明治時代後期に国策として 推し進められた「殖産興業」により品種改良された養蚕へと取って代わるようになりました。

 

幕末期と明治期では意匠の違い、幕末までのものは江戸時代に布かれた奢侈禁止令のより染織に用いられる色が 制限されていたため落ち着いた色合いが多く、さらに手描き友禅による繊細で 大変手間のかかる柄が多く見られました。

またそういった世相を反映して人々は表での装飾ではなく裏地や襦袢に技を見出す いわゆる粋好みを生み出すこととなりました。

 

一方、明治期のものは型友禅の流行と化学染料の導入により、より写実的かつ絵画的な 柄が特徴として挙げられます。 これには当時の日本画家達の活躍がありました。 幕末の混乱と明治維新により幕府御用絵師の狩野派など日本画壇は衰退してしまい、 仕事にあぶれてしまった日本画の絵師達が型友禅の下絵を描いていたようです。 円山派の流れを汲む幸野楳嶺(ばいれい)、四条派絵師の今尾景年さらに 岸竹堂や竹内栖鳳、都路華香も友禅の下絵を手掛けておりました。

これは化学染料の発達により、それまで以上に鮮明な地色で染めることができ、そこに 従来の色挿しとしていくため立体感と臨場感のある図柄にすることができ、結果的に 写実的で絵画的な手法が要求されたためと言われております。

 

養蚕業の変化から現存する江戸ちりめん(江戸縮緬)は大変貴重であり、良好なコンディションのものは 少なくなってきております。

コレクターに蒐集されるか、または時代のある市松人形などの衣裳・古布細工物として 用いられるなど、形を変え後世にその技を伝えております。

販売古布一例

※店内には様々な古布を豊富に取り揃えております。随時古布買取も行っております。