買取実績
  • 2019.05.26 
    こけし
    出張買取

    こけしの買取り(人形・民芸品)杉並区・西荻窪駅

    • 買取エリア

      杉並区松庵

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

こけしの買取り(人形・民芸品)杉並区・西荻窪駅

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は杉並区松庵は中央本線・西荻窪駅周辺にお住いのお客様宅にこけし・人形・民芸品の出張査定・出張買取りにお伺いして参りました。

西荻窪駅は吉祥寺駅と荻窪駅の間にあり利用者は吉祥寺駅や荻窪駅に比べ少ないのですが、そのマスではないところがまさに西荻窪の独特な雰囲気を象徴しているとも言えます。杉並区善福寺や松庵などにお住いの方ですと西荻窪駅をご利用される方も多いのではないでしょうか。

さて今回、杉並区松庵よりご紹介したいのが、この黒く変色したこけしです。

 

この度のご依頼者様はこけしや人形、民芸品にあまりご存知ではなく、お父様が生前ご蒐集されたこけしや人形、民芸品は一体どういったものなのか知りたいとお問い合わせくださいました。

中には画像のように黒く変色したこけし日焼けしてしまったこけし古いこけしなどもあり捨ててしまうべきか迷われたそうです。ただお亡くなりになられたお父様が生前熱心にご蒐集されたこけしのため無下にはできず、こけしの買取り実績の多い弊社・呂芸にご連絡くださいました。

 

確かに経年による劣化と日焼けによりこけし全体が黒ずみ、彩色も抜けてしまい、あまり状態が良いこけしではないのは事実です。背面に薄っすらと残った「遠」の字と「蔵」の字、そしてこけしの形状と残された表情から肘折・遠刈田系の工人・佐藤丑蔵のこけしと推察しました。変色の具合から古いこけしに見えますが、そこまで古いこけしではなく恐らく昭和30年代の第二次こけしブーム時に作られた作品でしょう。数十年でこの経年劣化です、改めてこけしと日光の相性の悪さを感じさせます。

 

今回は比較的新しいこけしではありましたが、古いこけしには骨董的価値があり、黒く変色したこけしや汚いこけしの中にある可能性が十分ございます。しかしその時対応したこけしの買取り業者に、こけしに対する見識が不足しておりますと価値ある古いこけしの存在を見落とされる恐れがあります。もしご自宅にこけしが沢山あり、どういったものかわからない、黒く変色したこけしがある、汚れたこけしや人形、民芸品があるなどございましたらこけしや民芸品の買取り実績豊富な私たち呂芸にお任せ下さいませ。

 

 

 

「骨董古布はぎれアンティーク着物販売/骨董古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では、こけしの買取りを強化しております。

飾らなくなった伝統こけしや人形、民芸品などがございましたらお気軽にお問い合わせください。私たち呂芸が責任をもってお客様のこけしコレクションを次の方へ橋渡しさせていただきます。

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

呂芸の民芸品買取りはここをクリック

 

 

 

東京都杉並区内は阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻窪・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田など、周辺は世田谷区・渋谷区・中野区・練馬区・三鷹市・武蔵野市・井の頭駅周辺・吉祥寺駅周辺などにお住いの方には出張査定・出張買取りいたします。

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報