買取実績
  • 2019.06.09 
    着物・古布
    出張買取

    アイヌ工芸・アットゥシの買取り(民芸・民藝)目黒区・駒場東大前駅

    • 買取エリア

      目黒区駒場

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

アイヌ工芸・アットゥシの買取り(民芸・民藝)目黒区・駒場東大前

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は目黒区駒場にあります京王電鉄井の頭線・駒場東大前駅周辺にお住いのお客様宅に民芸・民藝の出張査定・出張買取りにお伺い致しました。

目黒区駒場は目黒区の北端にあたり渋谷区上原や富ヶ谷、松濤、神泉町、世田谷区池尻や代沢、北沢と隣接、住宅街が中心ですが東京大学駒場地区キャンパスに代表される教育機関も多く、また民芸・民藝を中心に蒐集展示した美術館・日本民藝館もこの目黒区駒場にあります。

民芸・民藝のいわば聖地とも言える目黒区駒場より今回ご紹介したい民芸・民藝がアイヌ工芸のひとつ・アットゥシです。

 

アットゥシは北海道アイヌ民族の民族衣装のひとつで、オヒョウなど木の内皮の繊維を織った染織品・靱皮衣です。アットゥシの他アツシやアットゥㇱと表記され、日本民藝館では漢字表記で厚司織と表記されております。靱皮衣は本州ですと科布(シナ布・榀布)や麻などが見られますが北海道アイヌ工芸においては北海道に多く自生していたオヒョウが用いられました。靭皮を温泉などに浸け柔らかくし、柔らかくなった靭皮を裂いて糸とし、その糸を腰機(こしばた)で織り上げます。アットゥシには着物の形とは異なり衽(おくみ)がありません。

普段着として着られたアットゥシには文様がないものが多いのですが和人との交易で持ち込まれた木綿の布を貼り刺繍か切伏文様(アップリケ)を施し晴れの衣裳としました。

アイヌの民族衣装には靭皮衣のアットゥシの他、交易で入ってきた木綿で作られたるルウンペ(色裂置文衣)、チカラカラペ(黒裂置文衣)、カパラミプ(白布切抜文衣)、チヂリ(刺繍衣)があり、これらアイヌ民族の木綿衣は礼服や晴れ着として用いられました。

 

また北海道アイヌとサハリンアイヌ(樺太アイヌ)、千島アイヌではそれぞれ意匠が異なり、アットゥシは北海道アイヌの民族衣装です。サハリンアイヌはイラクサの繊維を撚った糸で織ったテタラペと呼ばれる草皮衣の民族衣装、千島アイヌは草皮衣とサケなどの魚皮や犬、アザラシなどの皮を用いた衣服を作っておりました。

 

北海道アイヌ民族のアットゥシは18世紀ごろからニシンや木材とともに北前船貿易などで本州への輸出が盛んとなります。

アイヌ文様と呼ばれる独特の文様は代々受け継がれ、地域によっても意匠が異なります。アイヌ文様には魔除けの意味合いなどがあり、アットゥシに見られる襟元や裾、背中のアイヌ文様はそこから悪い霊が入り込まないようにするためと言われております。

アイヌ工芸にはアットゥシの他にもマキリと呼ばれる小刀やイクパスイと呼ばれる木製の祭具、捧酒箸などが挙げられます。アイヌ玉と称されるガラス玉も民芸・民藝愛好家には絶大な人気があります。

アイヌ文様が施された日用使いの木製盆も用の美としては見逃せません。

 

今回拝見しましたアットゥシは幕末頃のアイヌ工芸でしょう。袖が欠落しているのが残念ですが当時の雰囲気を十二分に感じさせる逸品と言えましょう。

本州に入ってきたアットゥシは耐久性に優れ織目も細かい布として解かれ、別の反物や衣装へ転用されましたので恐らくそういった過程で袖が解かれてしまったと推察致しました。

このアットゥシをお持ちの方は残念ながらお亡くなりになられご遺族様よりご遺品の整理のご依頼を受け、この度民芸・民藝の買取りとしてお譲りいただきました。

布の骨董を古布と呼びますが、お持ちの方は民芸・民藝はもちろん古布に造詣の深い方で他にも民芸・民藝の代表的古布である丹波布や佐治木綿、そして芭蕉布など貴重な古布をご蒐集されておりました。

この度は大変希少な古布や民芸・民藝をお譲り下さりありがとうございました。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では古布、民芸・民藝の買取りを強化しております。

アイヌ工芸などの民芸・民藝はございませんでしょうか。

ご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

目黒区周辺では目黒区(青葉台・大岡山・大橋・柿の木坂・上目黒・駒場・五本木・下目黒・自由が丘・洗足・平町・鷹番・中央町・中町・中根・中目黒・原町・東が丘・東山・碑文谷・三田・緑が丘・南・目黒・目黒本町・八雲・祐天寺)、品川区、大田区、世田谷区、渋谷区などにお住いのお客様は出張査定・出張買取り対応致します。

 

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報