買取実績
  • 2019.03.05 
    民芸品
    出張買取

    中国民芸の買取り(1900年代中国民窯印判手)武蔵野市・吉祥寺駅

    • 買取エリア

      武蔵野市吉祥寺

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

中国民藝・民芸の買取り(1900年代民窯印判手)武蔵野市・吉祥寺駅

 

こんにちは、「杉並区で骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は武蔵野市吉祥寺駅周辺にお住いのお客様宅に民芸と骨董の出張査定、出張買取りにお伺いして参りました。

今回ご紹介したいのが1900年代の中国骨董・民窯印判手、いわゆる中国民芸の日用雑器です。

 

乳白色のボディに実に可愛らしい花柄と赤い判が押されて実に素朴な味わいです。民芸の「用の美」はなにも日本の民芸にのみ当てはまる言葉ではございません。

それは中国の日用雑器にも言えることです。中国民芸といっても素朴な赤絵古染付、また貴州省・苗族など各民族で織られる手織りの染織品・民族衣装、そして土布など多岐に渡り味わいを感じます。

2000年代は中国経済が躍進し2019年現在もその成長は落ち着いを見せているとはいえ、世界経済を担う大きなマーケットになっていることは揺るぎようのない事実です。

日本の急激な戦後復興もそうでしたが、中国でも急速に高層ビルなどが立ち並び、工業も手工業製品から工場による大量生産・大量消費社会へと変貌していく中、かえって素朴な民芸に郷里の懐かしさを感じる人の心・気持ちにに国境はないように思えます。

 

 

雑にどっぷりと釉薬をかけ、かえって妙な味わいのある釉溜りになっていたり、器を重ねて焼くので器の真ん中、つまり見込みには釉薬をかけず地の土が丸見えだったりと手作業による大量生産の賜物としか言いようのない素朴さはどこか我々の琴線に触れるところではないのでしょうか。

この中国民窯の日用雑器はご依頼者様の御尊父が生前商社の仕事関係で中国に出張に行かれた際ご蒐集されていたそうです。当時ご依頼者様は子供心に「そんな汚いお椀を集めてどうするんだろう」と思われていたそうです(笑)1970から80年代の日本は民芸ブームでもあり浜田庄司河井寛次郎、壺屋焼の金城次郎といった民芸作家の作品は勿論、各地の伝統的工芸品やこけしなども百貨店などで売られた時代です。そんな時代においてまだ注目されていなかった中国民芸に魅力を感じられたお父様は真の民芸数寄だったのではないでしょうか。

民芸は使ってナンボだという精神で、日常生活に積極的に用いられていたそうです。民芸に囲まれた味わいのある生活は私の理想的な生活スタイルでもあり憧れと共にお話をお伺いしておりました。

中国民芸の他にも古民具や骨董を買取りさせていただきました。

 

大変温かみのある中国民芸・中国骨董をお譲り下さりありがとうございました。

 

 

 

「杉並区で骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では中国民芸・中国骨董や民芸品の買取りを強化しております。

 

飾らなくなってしまった民芸品や使わなくなってしまった骨董はございませんでしょうか。

ご自宅の整理や終活・生前整理、コレクションの断捨離や処分にご遺品の整理、また倉庫や蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

武蔵野市周辺は 吉祥寺・吉祥寺東町・吉祥寺南町・御殿山・吉祥寺本町・吉祥寺北町・中町・西久保、・緑町・八幡町・関前・境・境南町・桜堤などにお住いの方には出張買取りを致します。

 

また東京都・神奈川県・千葉県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県

武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市・西東京市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・ 小金井市・府中市・国立市・立川市・東大和市・昭島市・八王子市・日野市・多摩市・町田市・ 稲城市・福生市・あきる野市・羽村市・青梅市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村といった 東京23区外の関東圏に加え、全国出張査定・出張買取りも即時対応させていただいております。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれ販売/骨董茶道具古布はぎれ買取り/各種教室/呂芸

電話03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報