買取実績
  • 2019.01.12 
    人形
    出張買取

    人形・彫刻の買取り(船越保武)東京都杉並区/久我山駅

    • 買取エリア

      杉並区久我山

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

こんにちは、「杉並区で骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取り 呂芸」です。

本日は東京都杉並区久我山駅周辺にて人形・彫刻の買取りに行って参りました。

 

その中で今回ご紹介したいのが彫刻家・船越保武の作品です。

船越保武は岩手県出身の戦後日本を代表する彫刻家のひとりです。東京美術学校(現在の東京芸術大学)在学時に、同じく昭和の彫刻界を牽引した彫刻家の一人・佐藤忠良と出会いお互いに切磋琢磨していくことになります。熱心なカトリック信者であり、キリスト教関連の作品を多く残したことでも有名です。

 

今回拝見させていただいた作品は船越保武作『LORA(ローラ)』です。

船越保武のブロンズ像は他にも『K嬢』『ANNA(アンナ・少女A)』と呼ばれる女性像がございます。船越保武の女性彫刻は「理想の女性」の昇華であり、それぞれテーマが異なると思われます。

ローラのモデルはスペイン訪問時に親しくなった経済学者の娘ローラです。船越保武は彫刻を制作するにあたり多くのスケッチやデッサンを取ります。この点が同時期のライバルでもあり親友でもある佐藤忠良と異なる点かもしれません。佐藤忠良はモデルを実際に立たせて人の、女性のバランス美を追求したのに対し、船越保武はモチーフとしての女性であり、内面にある美や成長の美を追求したように見えるのです。

 

ローラは毎年写真を船越保武に送っておりました。船越保武もその写真をもとに彫刻制作の前にスケッチを用意し周到に準備しておりました。毎年送られてくる写真は少女から大人に変わっていく過程の証でもあります。この過程の表現こそ船越保武の真骨頂と言っても過言ではないでしょう。その実、ローラをモデルにした彫刻は何体も制作されております。女性の持つ眼差しにあるのは「優しさ」であり「強さ」でもあります。そこには秘められた心・思いが存在します。船越保武の表現はまさにその心の過程を捉えたものではないでしょうか。

 

船越保武の残したデッサンには「誰よりも上手く描いてやろう」などの作為がなく、ありのままの美を抽出することに専念した純粋な行為に見えます。恐らくそれはカトリックの教え、福音によるものなのではないかと私は感じます。1987年に脳梗塞で倒れてもなお左手一本で彫刻制作を続けた船越保武、彼は斯くのごとく語っておりました。

 

 

「私の中に見える源流には、古い時代の職人たちの仕事場がある。その仕事場に行って、昔の石職人たちの仲間に入れてもらいたい。そこで素朴な石職人たちと一緒に、同じような仕事を、コツコツと気ながに仕事したい。職人達は、名もなく、雑念もなく、芸術論もなく、のどかに仕事を続けているのだろう。ただ出来上る仕事だけが、素晴らしいのだ。この人達こそ、私が最も信頼できる人達なのだ。私は、源流にあるその地味な仕事に憧れている。私は、生れるのが千年遅すぎた。」

 

 

この言葉を読んだ時、同じことを唱えていた民芸運動(民藝運動)の祖・柳宗悦の言葉を思い出しました。柳宗悦も西洋・東洋の違いはあれど宗教学者であり哲学者です。

作品に対し、制作に対し、どこまでも純粋で誠実な姿勢はカトリック信者の船越保武にとって至極当然な想いだったのかもしれません。

船越保武の憧れたロダンは『地獄の門』をダンテの叙事詩『神曲』より着想を得て制作しております。そして『ロダンの言葉』を訳した高村光太郎もまたクリスチャンではありませんでしたがキリスト教の精神面を想ったであろう詩を多く残しております。

脳梗塞で倒れた2年後の1989年に発表された『ゴルゴダ』はまさに彼・船越保武のキリスト教作品に奉げた生涯の証、ありのままの船越保武とも言える作品で魂のこもった傑作と言えます。

 

 

 


この彫刻をお持ちだった方は残念ながらお亡くなりになり、ご遺族様との彫刻の査定と買取りになりました。

持ち主様は元々教員の方でご両親もまた教職につかれていたことが、ひょっとしましたら船越保武の生涯に通じるものをお感じになられたのかもしれません。船越保武の父もまた熱心なカトリック信者でした。教職は今でも聖職という一面があり、持ち主様が現役だった頃は今よりその意味合いが強かったであろうと推察致します。そういった中、船越保武の作る少女像の中に純粋さをお感じになり、ご購入されたのかもしれません。

 

この他にもフィギュリンと呼ばれる陶磁器人形などの人形など御遺品の整理・買取りという形でお譲りいただきました。

この度は誠にありがとうございました。

 

「杉並区で骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取り 呂芸」では船越保武・彫刻・人形の買取りを強化しております。

お飾りになった人形や彫刻がございましたらお気軽にお問い合わせください。またご遺品整理やコレクションの処分・整理、蔵や倉庫の整理も承っておりますので気兼ねなくご相談下さいませ。

LINEなどweb査定もしております、気にある人形や骨董品がございましたら是非ともご利用ください。

 

 

 

 

東京都杉並区内は阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻窪・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田など、周辺は世田谷区・渋谷区・中野区・練馬区・三鷹市・武蔵野市・井の頭駅周辺・吉祥寺駅周辺などにお住いの方には出張査定・出張買取りいたします。

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

店舗 骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)