買取実績
  • 2016.12.15 
    切手
    出張買取

    切手の買取り(浮世絵切手シリーズ・写楽1956年)中野区・江古田駅周辺

    • 買取エリア

      中野区江古田

    • 買取参考価格
      お問い合わせください。

こんにちは「骨董古布はぎれアンティーク着物販売/骨董古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

 

本日は中野区江古田にて切手の出張査定・出張買取りに行って参りました。西武新宿線・江古田駅は地理的に練馬区旭丘でもありますが、周辺一帯は閑静な住宅街と活気ある商店街で住みやすい地域と言えます。

今回は切手の買取りだったのですが、切手は買い求めやすく小さくて保管しやすいということでかなりの数をご蒐集され、いざ切手のご処分をしようと思うと量がありすぎて持っていかれない…ということをようく伺います。量のある切手の整理・処分には出張査定と出張買取りをお薦め致します。

 

さてそんな中よりこの度ご紹介するのが、浮世絵切手といわれるジャンルで人気の高い『東洲斎写楽・市川蝦蔵』です。

写楽は1956年、切手趣味週間シリーズのひとつとして、発行されます。『東洲斎写楽・市川蝦蔵』は同じ切手趣味週間シリーズで発行された『見返り美人』『月と雁』『ビードロを吹く女』と合わせて記念切手四天王と呼ばれてもいます。

 

この作品は寛政6年(1794年)の5月、河原崎座で上演された歌舞伎演目『恋女房染分手綱』の一場面、前半の山場でもある「道成寺」の主役で能師役の武村定之進を描いたものになります。演ずるは市川蝦蔵、当時の歌舞伎界随一の名優と呼ばれておりました。東洲斎写楽は活動期間わずか10カ月の間に164点の作品を残します。版元は喜多川歌麿をプロデュースした蔦屋重三郎ですから、歴史ミステリー好きとしては写楽の短い活動期間と全く知られてこない生涯はひとつの戦略だったのではないかとも考えられます。

 

浮世絵の価値としては写楽第一期にあたる役者大首絵が世界的にも高いのは言うまでもないことですが、切手の価値としては一枚一枚のバラであるか、シートであるかで大きく異なります。

切手の査定条件は希少性、バラかシートか、コンディションになります。

写楽の切手は希少性としてはもちろん高く、いわゆるプレミア切手のひとつと言えます。

 

しかし残念ながら今回は一枚のみのバラでした。写楽の切手は10面シートになります。この状態ですと査定条件としてはプラス要因になります。これは単純に額面と、切手コレクターの方がシートで蒐集される方が多いことが挙げられます。

また切手の裏には糊がついています。日本の気候は高温多湿で紙である切手にはなかなか厳しい気候条件でもあります。この気候下ですと、他のところに貼りついてしまう・逆に経年により乾燥で枯れてしまうなどが起きることがあり、糊が落ちてしまうことが見られます。残念ながら今回の写楽の切手も糊が落ちてしまっておりマイナスの要因となってしまいました。

 

お持ちの方はお亡くなりになられ、ご遺族様との切手の買取りではございましたが、お話を伺う限り、お亡くなりになられたお父様は恐らくですが小学生くらいのころから切手の蒐集をされていたのかもしれません。蒐集された切手アルバムは当時の物でした。小学生ですとシートではなかなか買えませんよね。一枚一枚がご本人様にとって大切な思い入れのあるコレクションです、バラの切手ですができる限りの額をつけさせて頂きました。

この度は人生を感じされる切手をお譲り下さりありがとうございました。

 

骨董古布はぎれアンティーク着物販売/骨董古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では切手の買取りを強化しております。

呂芸ではバラの切手の買取りもさせていただいておりますのでもし気になる切手がございましたらLINEなどweb査定もしておりますのでお気兼ねなくお問い合わせください。

ご自宅の整理や終活・生前整理、ご遺品の整理、また倉庫や蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

 

中野区では新井・江古田・江原町・上鷺宮・上高田・鷺宮・白鷺・中央・中野・沼袋・野方・本町・松が丘・丸山・南台・大和町・弥生町・若宮、新宿区・渋谷区・杉並区・豊島区・練馬区にお住まいのお客様は出張査定・出張買取りの対応をしております。

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董古布はぎれアンティーク着物販売/骨董古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

 

メディア情報