買取実績
  • 2019.11.03 
    こけし
    出張買取

    千葉県鎌ケ谷市にて、こけしの買取(弥治郎系・新山久治)

    • 買取エリア

      千葉県鎌ケ谷市

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

ご覧下さりありがとうございます。千葉県鎌ケ谷市のこけし買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸です。

 

本日は千葉県鎌ケ谷市にお住いのお客様宅へこけしの出張査定と買取にお伺いさせていただきました。

千葉県鎌ケ谷市は千葉県北西部・東葛地域に属し、船橋市、市川市、松戸市、柏市といった千葉県北西部主要四都市や白井市と隣接する住宅街が中心となる市です。

今回お邪魔しました鎌ケ谷市のお客様のご自宅には伝統こけしと呼ばれる東北地方の木地玩具が凡そ150本ございました。

ご蒐集されたのはお客様の御父様にあたる方で、近々ご自宅を取り壊し売却されるご予定とのこと、この度はご自宅の家財整理・ご遺品整理をかねてのこけし買取となりました。

 

そして、買取をしましたこけしから今回ご紹介するのは弥治郎系工人・新山久治のこけしです。

東北地方の伝統こけしは津軽系、南部系、木地山系、肘折系、山形系、鳴子系、作並系、遠刈田系、蔵王系、弥治郎系、土湯系など11系統に分けられ、今回ご紹介する弥治郎系こけしは鳴子や遠刈田と並ぶ宮城県こけし3大産地として有名です。

 

弥次郎系こけしは宮城県白石市を中心に作られている伝統こけしで、「ベレー帽」と呼ばれる頭頂部のロクロ模様と胴にくびれを作る女性的フォルムが特徴として挙げられます。

工人は新山久治、1888年(明治21年)宮城県白石市に生まれた弥治郎系を代表する工人の一人です。

新山久治は大正時代よりこけし作りをしており、戦前のこけしには骨董的価値がつき高値でのこけし買取になる可能性のある工人です。

新山久治はこけしの描彩を年代によって変えており、そこもこけし買取における重要なポイントとなります。

 

目の描写が上に鋭く長く開いているのは戦後の描彩の特徴ですので画像のこけしは戦後のこけしブーム時以降に作られたこけしだと推察されます。

この時期のこけしは最も数が多いためこけしの買取価格としましては控えめにならざるを得ません。

今回買取をさせていただいた他のこけしも圧倒的にこの時代のこけしが多く、改めて戦後の第二次こけしブームの熱量を感じます。

 

逆に言えば、この時代のこけしは大変数もあるためお手頃な価格で手に入るためこれからこけしを買いたい方へのこけし入門として最適とも言えます。

そこから系統を覚え、工人を覚え、好きな作風を見つけていただくとこけしは長くつきあえる、良きコレクションと成り得ます。

 

私達呂芸はコレクターから新しいコレクターの方へのご縁を結べればと思います。

 

もしご自宅にご売却を検討されているこけしがございましたら是非「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」へお問い合わせください。

こけしの買取実績の豊富さは随一と自負しております。

古いこけし、価値のわからないこけし、色が薄くなってしまったこけし黒ずんだこけし名前の入っていないこけし作者不明のこけしなどでも構いません、もしわからない様でしたらLINEなどweb査定も無料にて行っております、是非ご利用下さいませ。

 

さらにご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品の整理・買取、そしてご実家など家屋解体・売却に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

呂芸のこけし買取に関するお問い合わせはここをクリック↓

 

千葉県鎌ケ谷市周辺では市川市、松戸市、柏市、我孫子市、印西市、流山市、千葉市、船橋市、浦安市、市原市、佐倉市、成田市、銚子市、野田市、習志野市、八街市、香取市、南房総市、勝浦市、大網白里市、館山市、匝瑳市、八千代市、白井市、四街道市、木更津市、袖ケ浦市、東金市などにお住いのお客様は骨董・こけしなどの出張査定・出張買取対応致します。

 

加えて東京都・神奈川・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取に関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報