買取実績
  • 2019.10.21 
    骨董品
    出張買取

    千葉県香取市佐原にて骨董の買取(備前焼・酒器)

    • 買取エリア

      千葉県香取市佐原

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

いつもご覧いただきありがとうございます。千葉県香取市の骨董買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

 

本日は千葉県香取市佐原にお住いのお客様宅へ骨董の出張査定およぶ出張買取でお伺いさせていただきました。

千葉県香取市は千葉県北東部に位置し、中でもかつての佐原市でもあった香取市佐原は水郷と呼ばれる利根川付近の都市のひとつで水運と街道が交差する商家町として栄え北総の小江戸・水郷の町佐原として有名です。また香取市自体も香取神社の総本社・香取神宮の鳥居前町として知られております。

そして今回、香取市佐原にて買取をさせていただいた骨董のひとつが備前焼の酒器・ぐい呑みです。

 

備前焼は岡山県備前市周辺を産地とする陶器で、瀬戸焼・常滑焼・越前焼・信楽焼・丹波焼とともに日本六古窯のひとつに数えられております。備前市伊部地区で盛んなことから備前焼は別名・伊部焼とも呼ばれております。

骨董としての人気も高く、特に古備前と呼ばれる古陶磁は骨董蒐集家にとって垂涎の品のひとつでしょう。

古備前は主に鎌倉時代から桃山時代にかけて作られた備前焼を指しますが、鎌倉時代初期は還元焔焼成による焼き締めですが鎌倉時代後期になりますと酸化焔焼成による現在に続く茶褐色の陶器が焼かれるようになります。

 

当時の備前焼は主に水瓶や擂鉢、大甕など実用的な日用品が焼かれ「落としても割れない」堅牢さが売りだったようです。

室町時代から桃山時代にかけ茶道の発展と共に、備前焼も茶道具・茶陶として用いられるようになります。日用雑器の備前焼は茶道の侘び寂びに通ずるとして村田珠光にその価値を見出されたことが始まりです。

 

そして桃山時代の備前焼は茶碗はそれほど多くはなく、花生や水指、茶入、徳利、皿など多岐に渡る器形に作られ、茶道具として高い評価を得ている作品も少なくありません。

この時期の備前焼は

 

・黒褐色の肌をした焼き締った窯変手

・焼成時に器の周囲に巻き付けた藁が表面に付着し赤褐色の襷をかけたように仕上がる緋襷(ひだすき・火襷とも書く)

・塗り土をした黒褐色で薄手の伊部手

 

と三つに大別されます。

胡麻釉牡丹餅と呼ばれる技法は窯変手の備前焼に見られる特徴的な装飾として見所のひとつでもあります。

 

 

こうした桃山陶を昭和に入り再興したのが人間国宝・金重陶陽です。金重陶陽は備前焼中興の祖と呼ばれ、備前焼の陶工として初めて人間国宝に認定された人物です。

金重陶陽自身優れた陶工であることはもちろん、多くの弟子を育て、そこから備前焼の要となる陶工を何人も輩出し備前焼の歴史を語る上で欠くことのできない存在と言っても過言ではないでしょう。

備前焼の人間国宝のひとり・藤原啓も陶陽に焼成法を学び作陶技術の研鑽に励みました。

 

骨董の買取においても備前焼の作家は高く評価されており、金重陶陽、藤原啓、藤原雄、山本陶秀、伊勢崎淳の人間国宝作品はもちろん、岡山県重要無形文化財保持者の各見政峯(各見壽峯)、金重晃介、松井與之、山本出、山本雄一、石井不老、三村陶景、伊勢崎陽山、伊勢崎満、金重素山、金重道明、藤原楽山、藤原健、松田華山、また小西陶古や西村春湖など数多の陶工が買取の対象となっております。

 

今回買取をしました備前焼は酒器・ぐい呑みです。陶工は奥本健一、伊部に生まれ育ち師を持たず独学で窯を構えた備前焼の陶工のひとりです。

備前焼の肌は使い込みほどに景色をよくすると云われており、徳利やぐい呑みは人気のある骨董、コレクションアイテムとして認知されております。

奥本健一は元々は会社務めをしていましたが日本伝統工芸支部展中国支部長賞や山陽新聞賞など多くの賞を受賞し都内百貨店にて個展をするまでに至りました。

 

この作品をお持ちの方は残念ながらお亡くなりになられご遺族様よりご遺品整理・買取のお問い合わせを受け、この度は骨董の買取、備前焼の買取としてお預りさせていただきました。

オーナー様も奥本健一の様にお勤めをされる傍ら、ご趣味で陶芸を楽しんでこられたそうです。備前の土が特にお好きでご自身の晩酌用に徳利やぐい呑みなどの酒器を作られていらっしゃいました。

どこかご自身と奥本健一を重ねるところがあったのかもしれません。

 

今回は備前焼のぐい呑みの他、唐津焼のぐい呑みや伊万里焼の蕎麦猪口、他にも備前焼の作家ものなどの骨董を買取させていただきました。

この度は大切な方のご遺品整理・買取を兼ねた骨董買取にご依頼くださり有難うございました。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」では備前焼や酒器などの骨董買取を強化しております。

金重陶陽、藤原啓、藤原雄、山本陶秀、伊勢崎淳といった備前焼の人間国宝作品などご売却を検討されている骨董、作家物がございましたら骨董・古陶磁買取実績のある呂芸にお問い合わせくださいませ。

価値のわからない骨董や作家のわからない備前焼などでも構いません、LINEなどweb査定も無料にて行っておりますのでご利用ください。

 

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品整理・買取、そしてご実家・家屋の解体・売却に伴う倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

呂芸の骨董買取お問い合わせはここをクリック↓

 

 

千葉県香取市周辺では香取市香取・香取市佐原、成田市、匝瑳市、旭市、香取郡神崎町・香取郡多古町・香取郡東庄町、市川市、松戸市、柏市、我孫子市、印西市、流山市、千葉市、船橋市、浦安市、市原市、佐倉市、銚子市、野田市、習志野市、八街市、南房総市、勝浦市、大網白里市、館山市、八千代市、白井市、四街道市、木更津市、袖ケ浦市、東金市、茨城県稲敷市、潮来市、神栖市などにお住いのお客様は備前焼など骨董や民芸品、茶道具の出張査定・出張買取対応致します。

 

加えて東京都・神奈川・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取に関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報