買取実績
  • 2019.04.11 
    着物・古布
    出張買取

    古布・木綿の買取り(藍染・型染木綿)福島県会津若松市

    • 買取エリア

      福島県会津若松市

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は福島県会津若松市のお客様宅に古布・着物の出張査定・出張買取りに行って参りました。

その中より今回ご紹介したいのが藍染木綿の型染です。

福島県会津若松市は郡山市・喜多方市・耶麻郡猪苗代町・耶麻郡磐梯町・河沼郡会津坂下町・河沼郡湯川村・岩瀬郡天栄村・南会津郡下郷町・大沼郡会津美里町などと接する福島県会津地方の中核都市であり江戸時代には会津藩の城下町として栄え、白虎隊と若松城(鶴ヶ城)などで知られる、殊に幕末ファンにとっては聖地のひとつでもあります。

 

古布の分野においても福島県会津若松市は会津木綿の産地として有名です。

木綿の原料である綿花の栽培は江戸時代に各藩により奨励され藍染の木綿が日本各地で生産されるようになります。しかし東北地方は気候的に綿花の栽培には適しておらず、西日本から綿花を取り終えた後の繰り綿を取り寄せて木綿を生産するなどしており、結果的に木綿は高価なものでした。

しかし会津では会津初代藩主・保科正之の綿花栽培奨励により綿花が栽培され農民の副産物として重要な収入源となりました。会津地方は綿花栽培の北限地と言われており、会津盆地の夏の高温が綿花栽培に適していたからとされています。

会津木綿といえば堅牢な縞模様の綿織物です。明治時代までは会津内の手紡ぎ糸を用い素朴な縞模様を織り込んでいましたが、日常着として会津木綿の強さに需要が集まり日本国内の綿糸工場より大量に仕入れ力織機での大量生産が可能になり最盛期を迎えます。

昭和以降は需要が減少しますが今現在も会津地方の伝統工芸品として生産されております。

 

今回拝見しましたのは藍染木綿の型染です。送り星を見ますと型紙のサイズは18㎝幅くらい、おそらく大正から昭和にかけ作られた藍型染だと推察します。この手の藍染木綿はリメイク素材で用いられることが多く人気のある古布のひとつと言えます。

今回ご依頼くださった方は会津若松市の旧家の方で、ご自宅の改築を予定されておりこの度古布や着物の買取りという形でお譲り下さいました。

昔から家にあったため古布や着物の価値がわからず弊社にお問い合わせくださいました。画像の型染木綿の他にも破れた藍染木綿も買取りさせて頂きましたら、お客様は捨てようと思われていたようで大変驚いておりました。古布・お着物の価値がわからない場合は是非私たち呂芸に一度お問い合わせください。

この度は時代のある古布・着物をお譲り下さりありがとうございました。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では古布・着物の買取り、藍染木綿、型染木綿の買取りを強化しております。

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

福島県会津若松市周辺では福島市・会津若松市郡山市・いわき市・白河市・須賀川市・喜多方市・相馬市・二本松市・田村市・南相馬市・伊達市・本宮市・耶麻郡猪苗代町・耶麻郡磐梯町・耶麻郡西会津町・河沼郡会津坂下町・河沼郡湯川村・河沼郡柳津町・大沼郡会津美里町・大沼郡三島町・大沼郡金山町・南会津郡下郷町・南会津郡南会津町・南会津郡只見町・岩瀬郡天栄村などにお住いのお客様は出張査定・出張買取り対応致します。

 

また青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島といった東北一円や東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報