買取実績
  • 2019.08.22 
    着物・古布
    出張買取

    古布・藍染木綿の買取(大風呂敷)市川市・京成八幡駅

    • 買取エリア

      市川市八幡

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

ご覧いただき有難うございます。市川市での古布・着物高値買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

本日は市川市八幡にございます京成電鉄本線・京成八幡駅を最寄りとするお客様より古布・着物の出張査定・出張買取のご依頼を受けお伺いして参りました。

京成八幡駅はJR東日本及び都営地下鉄・本八幡駅と接続しており、共に市川市の中心駅として知られております。特に本八幡は地名ではありませんが、杉並区西荻窪のように、その地を表す汎用地名のような使われ方もされております。

今回はそんな市川市八幡よりジャパンブルーと呼ばれた日本の伝統的な色に染められた古布を買取させていただきましたのでご紹介したいと思います。

 

本日買取をしました古布は藍染木綿大風呂敷です。時代は戦前といったところでしょう。幅は5幅ありなかなかのボリュームです。中央部分に補強用でしょうか、白地の木綿が大きく当てられており藍染とのコントラストの妙があります。ご依頼者様は市川市八幡にてご商売をされていたご家柄ということでしたので、もしかしましたら当時実際にご使用されていた大風呂敷かもしれません。

山陰地方、島根県出雲では筒描きを施した大風呂敷を赤ちゃんの湯揚げとして用いました。生まれたばかりの赤ちゃんには木綿の柔らかい布味がよく、また藍染の持つ防臭と抗菌作用といった特性から古くより伝えられた生活の知恵といってよいでしょう。

 

藍染は虫除けなど防虫効果の他に、木綿地などの布帛を堅牢にする作用もあり日常着や布団地座布団地暖簾・油単といった日用品、また手甲や脚絆など野良着などにも用いられました。江戸時代の火消しが来た半纏にも藍染が使われ、海水にも強いということから漁師の晴れ着・万祝にも藍染が用いられました。そして飛脚の履く藍染足袋には刺し子がされ更に耐久性が上げられるなど様々な用途とそれに伴う創意工夫がされてきたのはそれだけ日本人にとって藍染が身近なものだったということの証でしょう。

現在もこういった藍染木綿は古布を楽しむ方々にリメイク素材として重宝されております。様々な文様の型染めやここ何年かは雪花絞りなどが人気で、有松鳴海絞りなど有名な藍染の伝統工芸品は高値での買取にある可能性もございます。

 

ただ、あまり古布や着物にご興味のない方にとってはこういった布は価値のある物に見えませんよね。もしご自宅にお金を払って古布回収業者やリサイクル業者に処分をお願いしようかと思っている古い布や古い着物がございましたら先ずは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」にご相談下さいませ。価値のわからない古布や着物の価値をしっかり見極め買取できるかどうか査定させていただいております。LINEなどweb査定も無料にて行っておりますので是非ご利用ください。

 

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品の整理、そして家屋解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

呂芸の古布・着物買取詳細はここをクリック↓

 

千葉県市川市周辺は菅野、東菅野、行徳(本行徳、行徳駅前、南行徳)、妙典、下妙典、八幡(本八幡)、南八幡、国府台、市川、市川南、須和田、新田、大洲、真間、平田、大和田、東大和田、稲荷木、国分、東国分、西国分、中国分、堀之内、稲越町、曽谷、宮久保、下貝塚、大野町、大町、南大野、奉免町、柏井町、河原、本塩、塩浜、塩焼、関ケ島、伊勢宿、押切、湊、湊新田、香取、欠真間、相之川、広尾、新井、島尻、福栄、新浜、入船、日之出、宝、幸、千鳥町、加藤新田、高浜町、北方町、本北方、北方、鬼越、鬼高、中山、高石神、田尻、田尻、二俣、原木、高谷、東浜、東京都江戸川区、足立区などにお住いのお客様には出張査定、出張買取の対応致します。

 

千葉県では市川市、松戸市、柏市、我孫子市、印西市、流山市、千葉市、船橋市、浦安市、市原市、佐倉市、成田市、銚子市、野田市、習志野市、八街市、香取市、南房総市、勝浦市、大網白里市、館山市、匝瑳市、八千代市、白井市、四街道市、袖ケ浦市、東金市などにお住いのお客様は出張査定・出張買取の対応致します。

加えて東京都・神奈川・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

 

メディア情報