買取実績
  • 2019.04.05 
    絵画
    出張買取

    富田渓仙の買取り(絵画・日本画買取り)杉並区・西永福駅

    • 買取エリア

      杉並区永福

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

富田渓仙の買取り(絵画・日本画買取り)杉並区・西永福駅

 

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は杉並区永福、京王電鉄井の頭線・西永福駅周辺にお住いのお客様宅に絵画・日本画の買取りに行って参りました。

今回ご紹介したいのが富田渓仙の掛軸です。

 

富田渓仙は福岡県博多出身の日本画家です。狩野派や四条派を学ぶも決まった枠に囚われず、仏画や禅画、南画やキリスト教など様々な表現方法と自由な精神で解放感のある筆致の改革的の日本画家としても知られております。渓仙の祖父はひょうげた禅画へ人気の高い仙厓義梵と交遊があったと言われており幼い時から仙厓義梵の自由闊達な作品を目にする機会があったようです。また京都に出てからも最後の文人として知られていた富岡鉄斎のところを訪問し自由な画境を学び取ろうとします。

渓仙の作品には民画や大津絵のような自由さがあり、観賞する人の心をやんわりと包み込む雰囲気があります。

 

 

また書画の査定において大切なことは共箱であることです。共箱とは作品の作者自身が箱書きをして作品を納めた箱になります。絵画や鑑賞陶器などの骨董で共箱を捨ててしまい査定額が思ったほどいかないことがございます。共箱はその作品が真筆・新作であることの一定の担保となりますので絵画や書画の掛軸などをご売却をご検討される方は共箱の有無のご確認をお薦めいたします。

 

この作品をご蒐集されていた方は残念ながらお亡くなりになられご遺族様から絵画・掛軸のコレクションの整理を承り、絵画・掛軸の買取りという形でお譲りいただきました。

ご依頼者様も近々ご自宅の処分をご検討されており、絵画・掛軸の他、煎茶道具などの茶道具などの骨董も併せて買取りをさせていただきました。

今作品をお持ちだった方は煎茶をされていたようでした。富田渓仙の画風は新南画とも言われるほど自由さに溢れており、茶道より煎茶道の文人文化に近いとお感じになられたのかもしれません。

何物にも囚われない自由な風情の作品のお譲りいただきました。責任もってお預かりし次の方への橋渡しを務めていきたいと思います。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では富田渓仙作品の買取り、絵画の買取りを強化しております。

飾らなくなった日本画や掛軸、浮世絵、版画、油彩画などはございませんでしょうか。

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

東京都杉並区内は阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻窪・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田など、周辺は世田谷区・渋谷区・中野区・練馬区・三鷹市・武蔵野市・井の頭駅周辺・吉祥寺駅周辺などにお住いの方には出張査定・出張買取いたします。

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

 

店舗 骨董古布はぎれアンティーク着物販売/骨董古布はぎれアンティーク着物買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報