買取実績
  • 2019.02.23 
    骨董品
    出張買取

    日本軍・軍服の買取り(九八式軍衣・軍装品)中野区東中野駅

    • 買取エリア

      中野区東中野

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

こんにちは「骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は中野区東中野駅周辺にお住いのご依頼者様宅に日本軍の軍服の出張査定・出張買取りに行って参りました。

今回ご紹介したいのがこの大日本帝国陸軍の軍服・九八式軍衣です。

 

九八式軍衣は1938年(昭和13年)より正式採用された旧日本軍の軍服です。九八式の98は採用された年、皇紀2598年に由来します。

九八式という呼び名は下士官兵向けの軍服の裏地には「九八式」の印が押されており、それが由来となりました。九八式軍衣とそれまで使用されていた昭五式との違いは、昭五式が詰襟なことに対し九八式は折襟になり、付けられた階級章も肩章から襟に着けるタイプの軍服に変わった点でしょう。

 

九八式軍衣には夏服と冬服があり、拝見した軍服はウールの冬服でした。サイズは1號(175㎝くらい)から6號(152㎝くらい)までがあり、こちらの軍服は2號でしたので標準的なサイズといえます。

上士官兵向けと違い下士官兵向けは支給品でしたのでサイズが合わない人も少なくなかったようですが当時の風潮としましては服の方に体型・体格を合わせるように強く言われたと聞いております。

 

 

中野区東中野1丁目・2丁目界隈は戦前旧帝国軍人の街としても知られておりましたが、今回のご依頼者様のお祖父様も当時中国方面の外地に出兵された方だったようです。中国方面ということですので恐らく満州でしょう。

お祖父様は残念ながらお亡くなりになられご遺族の方より御遺品の整理のお問い合わせをうけ、軍服や軍装品の買取りという形でお譲りいただきました。

生前、戦争のことはあまり多くを語らず、ただ「そういう時代だった」とだけ仰っていたそうです。

日本に起きた歴史的事実として戦争は間違いなく今の日本人の中にも存在します。そして忘れてはいけない事実として後世に必ず伝えていかなければならない歴史でもあります。

大変貴重な軍服をお譲り下さりありがとうございました。

 

 

 

「骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では旧日本軍などの軍服や軍装品、骨董の買取りを強化しております。

 

軍服や勲章、軍刀・サーベルなどの軍装品や満州国関連のお品はございませんでしょうか。

ご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分や断捨離、ご遺品の整理、また倉庫や納屋、蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

 

 

中野区では新井・江古田・江原町・上鷺宮・上高田・鷺宮・白鷺・中央・中野・沼袋・野方・本町・松が丘・丸山・南台・大和町・弥生町・若宮、新宿区・渋谷区・杉並区・豊島区・練馬区にお住まいのお客様は出張査定・出張買取りの対応をしております。

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報