買取実績
  • 2019.11.19 
    絵画
    出張買取

    横浜市磯子区 にて絵画・洋画の出張買取(油彩・油絵・中山巍)

    • 買取エリア

      横浜市磯子区

    • 買取参考価格
      お問い合わせ下さい

ご覧いただき誠にありがとうございます。横浜市磯子区での絵画・洋画買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

 

横浜市磯子区は横浜市18行政区のひとつで横浜市東南部に位置します。

JR根岸線や首都高速湾岸線、国道16号、横浜市道2号など充実した交通網に支えられた住宅街、ベッドタウンとして知られております。

 

今回はそんな横浜市磯子区にお住いのお客様より出張買取をさせていただいた絵画・洋画の中から日本の洋画家のひとり、中山巍(なかやまたかし)の作品をご紹介したいと思います。

 

中山巍は1893年、岡山県岡山市に生まれます。1911年関西中学校を卒業と同時に上京し現在の東京都池袋にて下宿生活を開始し、葵橋に移転した白馬会洋画研究所に入学し黒田清輝に師事します。

そして1914年に東京美術学校西洋画科に入学すると藤島武二に師事し更に研鑽を磨きます。同校在学中に第一回帝展に入選するなど洋画家としての評価が高まりました。

 

1922年東京美術学校を卒業後パリへ留学しモーリス・ド・ヴラマンクに師事、さらに里見勝蔵、佐伯佑三、前田寛治など美術学校以来の画友と交遊します。

これらの縁からマルク・シャガールオシップ・ザッキンなどとも交遊し影響を受けます。

1928年に帰国後第九回二科展にヨーロッパ滞在時の作品を出品し二科賞を受賞しました。

 

この後、戦中には陸軍落下傘部隊の記録画を描くなど従軍画家として南方戦線へ派遣されます。

ヴラマンクに師事したこともありフォービズムへの造詣が深く戦後の1951年には「マチス礼讃」を第五回美術団体連合展に出品し日本芸術院賞を受賞するに至りました。

 

今回買取をしました絵画の中でひと際特徴的な構図だったため大変目を引いたのがこの作品です。

残念ながらタイトルは不明なのですが、鏡に映った女性の表情が実に愛らしく愛嬌があります。一見ふくよかにも見える女性像が中山巍の特徴のひとつでしょう。

この筆致は戦後の中山巍の作品に見られる技法であり、細部にこだわらず力強い筆使いにはフォービズム、特にヴラマンクの影響が見受けられます。

 

ご蒐集されていた方はご依頼者様の御祖父様にあたり、生まれも育ちも横浜っ子、西洋陶磁器や絵画・洋画を好んでご蒐集されてこられたそうです。

この度は絵画・洋画買取にご用命下さりありがとうございました。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」では横浜市磯子区での絵画・洋画買取を強化しております。

フォービズムといえばマティス、アンドレ・ドラン、ヴラマンクが代表格として挙げられますが、これら作家のリトグラフなども絵画として高額での買取対象となる可能性がございます。

ご自宅にご売却を検討されている絵画や買取を希望されるリトグラフ・シルクスクリーンなどはございますか。

 

ご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理・買取、そしてご実家など家屋解体・売却に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定も無料にて行っております、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

呂芸の絵画・洋画買取詳細はここをクリック↓

 

神奈川県横浜市周辺では横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区 、港南区 、保土ケ谷区、 旭区、 磯子区 、金沢区 、港北区 、緑区 、青葉区 、都筑区 、戸塚区 、栄区 、泉区、 瀬谷区)川崎市 (川崎区 、幸区 、中原区 、高津区 、宮前区 、多摩区 、麻生区)横須賀市 、鎌倉市 、逗子市 、三浦市 、葉山町、相模原市 、厚木市 、 大和市 、海老名市 、座間市 、綾瀬市 、愛川町 、清川村、平塚市 、藤沢市、 茅ヶ崎市 、秦野市 、伊勢原市 、寒川町 、大磯町 、二宮町、南足柄市 、中井町 、大井町 、松田町 、山北町 、開成町、小田原市 、箱根町 、真鶴町 、 湯河原町などにお住いのお客様は骨董、古布、こけし、茶道具など出張査定・出張買取対応致します。

 

また東京都・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

メディア情報