買取実績
  • 2019.02.26 
    絵画
    出張買取

    版画・絵画の買取り(梶田半古・日本画)杉並区・西荻窪駅

    • 買取エリア

      杉並区西荻北

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

こんにちは「骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

今日は杉並区西荻窪駅周辺の西荻北のお客様宅に版画/絵画の出張査定・出張買取りに行って参りました。

その中で今回ご紹介したいのが明治から大正にかけて活躍した日本画家・梶田半古の口絵です。

 

梶田半古は東京下谷御徒町(現在の東京都台東区御徒町)にて生まれます。13歳の時に明治を代表する浮世絵師・揚洲周延の弟子、鍋田玉英に師事し、後に鈴木華邨に学びます。

明治24年(1891年)に日本青年絵画協会結成の際に発起人の一人として加わり自身も旧日本画にはなかった端麗な写実表現による美人画や花鳥画など日本画を多く描きました。

 

また梶田半古は図案家、挿絵画家・口絵師としても名を馳せており、当時の木版図案や新聞、小説の口絵・挿絵を語る上で外すことのできない人物と言えましょう。

尾崎紅葉の『金色夜叉』の挿絵を描いたのは武内桂舟ですが、『金色夜叉』は未完で終わっており紅葉の弟子・小栗風葉が引き継ぐ形で『金色夜叉終編』として完成させます。この『金色夜叉終編』の挿絵が梶田半古によるものです(ちなみに紅葉の『金色夜叉』には武内桂舟のほかに鏑木清方や河村清雄といった明治を代表する日本画家・浮世絵師が手掛けておりました)。

また小杉天外の『魔風恋風』の挿絵も担当し人気を博しました。

雑誌の口絵も多く残しており明治28年(1895年)から博文館により出版された文芸雑誌「文芸倶楽部」「新小説」といった明治・大正を代表する文芸雑誌などの口絵を手がけます。量産しながらも一切手を抜かないその作行きの深さは偏に口絵・挿絵の絵としての地位の向上を目指したと言われておりますが、このことはその後の梶田半古の日本画壇との関わり方を見ていると分かる気がしてきます。

判古は挿絵や口絵を手掛けた後、絵葉書の仕事を始めます。絵葉書は明治時代後期には大変人気があり絵葉書ブームが巻き起こります。梶田半古は真っ先に対応した絵師のひとりで明治38年の日本絵葉書展覧會では上位入選作11点のうち4点が半古の作品となるほどでした。

 

梶田半古は大きな展覧会で一時一時の流行を追い華やかだが大味な大作ばかりが出品されている傾向を良しと思わず、文展など大きな展覧会への出品には消極的だったと言われております。

大味な大作と丹精込めて地位向上のために描き上げた挿絵や口絵、どちらに重きをおいたのか半古の想いが伝わります。

この想いが門下に小林古径前田青邨奥村土牛山内神斧、高木長葉、新井勝利、夏目利政らの名だたる次世代の日本画家の輩出に繋がったといっても過言ではないでしょう。

 

 

 

今回拝見した木版画の口絵は明治34年(1901年)「文芸倶楽部」第七巻十五号に掲載されました遅塚麗水著『仙錦亭』の口絵になります。水の反射を利用して髪を直す女性が清楚に描かれております。梶田半古の描く美人画の髪型や身のこなし、仕草には品があり当時の淑女達の憧れの女性像でした。

ご依頼者様は明治の浮世絵や錦絵、口絵などを数多く蒐集されてこられ、梶田半古の描く清らかな女性像がお気に入りだったそうです。サラリーマンをされながらご蒐集されてきましたが、ご自身がお元気なうちにコレクションの処分・断捨離をされたいとの旨でご依頼くださり、版画・絵画の買取りとしてお譲りいただきました。

この度は大変淑やかな木版画や絵画をお譲り下さりありがとうございました。大切にお預りし次の方に橋渡しをして参りたいと思います。

 

 

「骨董品古布はぎれ販売/骨董品古布はぎれ買取りの呂芸」では鏑木清方・梶田半古・武内桂舟などの口絵や肉筆画、浮世絵版画・日本画・絵画の買取りを強化しております。

飾らなくなってしまった絵画やリトグラフ、シルクスクリーンがございましたらお気軽にご相談下さいませ。ご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

東京都杉並区内は阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻窪・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田など、周辺は世田谷区・渋谷区・中野区・練馬区・三鷹市・武蔵野市・井の頭駅周辺・吉祥寺駅周辺などにお住いの方には出張査定・出張買取りいたします。

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

 

店舗 骨董古布はぎれアンティーク着物販売/骨董古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報