買取実績
  • 2019.06.05 
    着物・古布
    出張買取

    着物・古布の買取り(戦前錦紗・子供着物)中野区・新江古田駅

    • 買取エリア

      中野区江原町

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

着物・古布の買取り(戦前錦紗・子供着物)中野区・中野駅

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は中野区江原町にあります都営地下鉄大江戸線・新江古田駅周辺にお住いのお客様宅に着物・古布の出張査定・出張買取りにお伺い致しました。

中野区江原町は中野区の北東部に位置しており新宿区西落合や豊島区南長崎、練馬区旭丘、そして練馬区豊玉北など他の区とも接する地域です。ここら一帯は閑静な住宅街として知られており、中央本線・中野駅周辺の賑やかさはありませんが緑も多く住みやすい地域ではないでしょうか。

今回そんな中野区江原町よりご紹介したい着物・古布が戦前錦紗地の子供着物です。

 

戦前までの着物は一般的な着物と区別されアンティーク着物と呼ばれています。そして今回拝見しました錦紗地の子供着物はまさにそのアンティーク着物にあたります。

錦紗地の子供着物を色で埋め尽くさんばかりの草花文様です。大正期になりますとシボが小さく平絹に近い錦紗と呼ばれる鮮やかな色彩と精密な文様表現に適した絹織物がよく見られるようになり、そのためこの時代は大正ロマンを感じさせる様々な彩り豊かな着物が作られました。

例えば伝統的モチーフを西洋風に表現することでモダンな雰囲気が演出されました。また和花ではなくバラなどの洋花が文様化され大変華やかな意匠も見受けられます。明治期の色使いと比べますと染料の違いもあり非常にビビットで彩度が高く、グラデーションも映え着物としてある種の完成された美を感じます。これには当時一世を風靡したアール・ヌーボーの植物文様の描き方が影響しているものと考えられます。

 

このアンティーク着物をご蒐集されている方は細工物など古布を楽しまれている方で他にも戦前の藍染木綿や藍型染め、時代のある帯地や和更紗など多岐に渡る古布をお持ちでした。

お一人になられ近々ご子息のところへ引っ越しをされるご予定とのこと、ご自身の終活・生前整理を兼ねてご自宅にある着物や古布の整理とのご依頼を受け、この度着物・古布の買取りという形でお譲りいただきました。

これまで作られた古布細工物を拝見させていただきましたが、縮緬細工には江戸縮緬、市松人形の衣裳作りには錦紗、茶道具などを包むお仕覆や帛紗には帯地や和更紗など、それぞれ古布を巧みに使い分け、どの作品からもこれまで歩んでこられた古布人生を感じました。このアンティーク着物も解いて古布細工物用に使おうと思われたそうですが、あまりに文様が愛らしかったため解かず一枚の着物として保管されたとのことでした。

今回は大変美麗な戦前アンティーク着物をお譲り下さりありがとうございました。次の方へご縁があるまで責任をもってお預りさせていただきます。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」ではアンティーク着物や古布の買取りを強化しております。

ご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

中野区では新井・江古田・江原町・上鷺宮・上高田・鷺宮・白鷺・中央・中野・東中野・沼袋・野方・本町・松が丘・丸山・南台・大和町・弥生町・若宮、新宿区・渋谷区・杉並区・豊島区・練馬区にお住まいのお客様は出張査定・出張買取りの対応をしております。

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報