買取実績
  • 2019.06.12 
    高級着物
    出張買取

    着物・古布の買取り(明治期打掛)神奈川県川崎市

    • 買取エリア

      神奈川県川崎市

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

着物・古布の買取り(明治期打掛)神奈川県川崎市

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は神奈川県川崎市にお住いのお客様宅に着物・古布の出張査定・出張買取りにお伺い致しました。

神奈川県川崎市は神奈川県北東部にある政令指定都市です。神奈川県横浜市や多摩川を境に東京都大田区や世田谷区、調布市、狛江市、稲城市、多摩市、町田市と隣接しているのですが、地理的には海上の東京アクアラインで千葉県木更津市とも接しているのが興味深いところです。

東京都・横浜市へのアクセスがよくベッドタウンとして大きく発展した、ここ神奈川県川崎市より今回ご紹介したい着物・古布が明治期の打掛です。

 

打掛とは着物の種類のひとつで主に婚礼用の衣裳として用いられます。裾の部分に「ふき」と呼ばれる綿を入れて太く厚みを出した部分があるのが特徴のひとつです。これは打掛が普通の着物のようなおはしょりを作らず床に裾を引く着物のため、裾周りに厚さを出すことで衣装がまとわりつくことを防ぐ用途として用いられました。

 

打掛はもともと室町時代に小袖の上に羽織る着物として裕福な武家の女性が用いたことが始まりとされております。江戸時代になりますと大奥に勤める高い位の女性が着るようになり、内裏の上級女官や公家の女性など身分の高い女性が用いました。江戸時代も後期になりますと奢侈禁止令により贅沢を禁止され、武士階級はそれに従い地味な着物になるのですが町民はたくましく、中でも裕福な豪商などは娘の婚礼衣装に打掛を用いるようになりました。江戸後期の浮世絵師・歌川国芳の「婚礼色直し之図」には当時の婚礼の様子が描かれており、様々な色の打掛に着替えているのがわかります。

 

今回拝見した打掛は明治期の打掛です。

総模様と呼ばれる着物全体に文様が施され、鶴亀など吉祥文様が金駒繍等の技術を駆使して縫い込まれております。大正時代以降になりますと鶴は鶴だけ、亀は亀だけとなることも多いのですが明治期までは比較的一緒に描かれることが多いかもしれません。打掛はやはり着物の状態で見ると迫力があります。こういった時代のある着物との対面は着物・古布の力をまざまざと感じさせられる瞬間でもあります。

お持ちの方は縮緬細工など古布細工物もされ着物や古布を楽しんでこられた方で、この打掛の他にも江戸縮緬(江戸ちりめん)や金襴の帯、高島屋のタトウに入った大島紬など拝見させていただきました。ご自身のコレクションの整理を兼ねてこの度は着物・古布の買取りとしてお譲りいただきました。

大変時代のある打掛をお譲り下さりありがとうございました。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」ではアンティーク着物や古布の買取りを強化しております。

ご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

神奈川県川崎市周辺では川崎市川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区、神奈川県横浜市、相模原市・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・茅ケ崎市・逗子市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・南足柄市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中部大磯町・中部二宮町・足柄上郡中井町・足柄上郡大井町・足柄上郡松田町・足柄上郡山北町・足柄上郡開成町・足柄下郡箱根町・足柄下郡真鶴町・足柄下郡湯河原町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川町、東京都大田区・世田谷区・調布市・狛江市・稲城市・多摩市・町田市、千葉県木更津市などにお住いのお客様は出張査定・出張買取り対応致します。

 

 

また東京都・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)