買取実績
  • 2019.04.24 
    絵画
    出張買取

    絵画・掛軸の買取り(菅楯彦・日本画家)埼玉県さいたま市

    • 買取エリア

      埼玉県さいたま市

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

画像・絵画・掛軸の買取り(菅楯彦・日本画家)埼玉県さいたま市

 

こんにちは、「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は埼玉県さいたま市にお住いのお客様宅に絵画・掛軸の出張査定・出張買取りに行って参りました。

今回ご紹介したいのが菅楯彦の掛軸です。

 

この度ご依頼くださりましたお客様は以前弊社のホームページにてご案内させていただいた菅楯彦の買取りのブログをご覧になられ、お問い合わせくださいました。

菅楯彦は大阪を拠点に有職故実を考証した忠実な歴史画や大阪の風土、らしさを描いた風俗絵で有名な、大正・昭和に活躍された日本画家です。

菅楯彦は12歳の頃に日本画家であった父を亡くし、以後独学で絵を学び画業を切り開いた稀有の画家です。すさまじいまでの研究心により大和絵や四条派、狩野派など学び、そこより漢文や国学への関心も生まれ有職故実の研究に没頭します。

 

今回拝見しました掛軸のモチーフは雛人形です。向かって右に男雛、向かって左に女雛を置く形態は有職故実に基づきます。京都御所の紫宸殿の御即位の式典に由来するこのしきたりは、太陽が先に当たる側が上位、「左をもって尊し」という風習によるものです。こういった平安貴族の風習やしきたりを菅楯彦は重要視したのでしょう。それでいて描かれた表情は非常にユーモラスで愛らしく、ある種のコントラストのようで非常に趣き深い作品といえましょう。

掛軸としましては雛人形ですので掛けて楽しまれる季節、時期が限定されてはしまいますが心温まる掛軸であることには間違いございません。

 

雅の中に民画のような愛嬌たっぷりの描写がされる菅楯彦の作品は日常生活において癒しになると思います。昨今の住宅事情により掛軸を楽しむことが少なくなってはおりますが、海外コレクターのように部屋の壁に直接掛けて絵画として楽しむのもよい趣向かもしれませんね。

この度は心休まる菅楯彦の絵画・掛軸をお譲り下さりありがとうございました。

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では絵画、掛軸の買取りを強化しております。

飾らなくなった絵画や掛軸はございませんでしょうか。

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

埼玉県さいたま市周辺では浦和区・大宮区・北区・桜区・中央区・西区・緑区・南区・見沼区・岩槻区、上尾市・川口市・朝霞市・川越市・志木市・戸田市・蓮田市・富士見市・蕨市・春日部市・越谷市・草加市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町・白岡市・戸田市・桶川市・北本市・鴻巣市・伊奈市・新座市・志木市・和光市・ふじみ野市・三芳町・所沢市・飯能市・狭山市・入間市・日高市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島市・下呂山市・越生町・東松山市・滑川町・嵐山町・小川町・川島町・吉見町・鳩山町・ときがわ町・東秩父村・熊谷市・深谷市・寄居町・本庄市・美里町・神川町・上里町・行田市・加須市・羽生市・久喜市・蓮田市・幸手市・白岡市・宮代町・杉戸町・秩父市・横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町などにお住いのお客様は出張査定・出張買取りをさせていただいております。

また東京都・神奈川・千葉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報