買取実績
  • 2019.01.31 
    能面・能装束
    出張買取

    能装束の買取り(幕末期唐織)三鷹市深大寺

    • 買取エリア

      三鷹市深大寺

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

こんにちは、「杉並区で骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取り 呂芸」です。

本日は三鷹市深大寺に能装束の出張査定・出張買取りに行って参りました。

ご依頼くださいましたお客様宅のご遺品整理を兼ねまして能装束の他に古布やお着物、茶道具、そして骨董など査定と買取りという形でお譲りいただきました。

その中から今回ご紹介したいものがこの「幕末期唐織」です。

 

七宝文様の地に御所車と桜が浮文様で織り込まれております。色も紅が入っておりますので「紅入」だとわかります。「紅入」は「いろいり」と読みますが、赤系の色が入った唐織をこう呼びます。唐織は女性役の表着ですが、この「紅入」は若い女性役を演じる際着られる唐織です。演目はわかり兼ねますが、御所車文様などが入っていることから貴族の若い女性役に用いられた能装束なのかもしれません。

 

ここまではきちんと唐織なのですが、この唐織には少し面白い細工が施されております。

金駒繍で縁取られた大きな雀と大きな桜がありますが、これは恐らく幕末期に後付けされた、いわゆる「パッチワーク」です。唐織は織ですので刺繍することは本来考えられません。柿渋で染められており、糸に使われている緑の染料も天然のそれですのでこの唐織が制作された時期とさほどズレがないように思えます。

この唐織は裏打ちとして藍染木綿が使用されているのですが、その木綿糸も当時としては極細糸、きめ細かく織り込まれたものでした。江戸時代末期にこれほど上等な藍染木綿は大変貴重で高価な布帛に違いありません。その実、仕立て糸には安価な麻糸が用いられておりましたので江戸時代に繕われたと推測できました。

考えられるのは度重なる着用により能装束の布が弱り着ることができなくなってしまい、しかしそこで捨てるではなく保存するために補強と加飾の両面から後縫したのかもしれません。福良雀が可愛らしいですよね。

 

持ち主様も古布のパッチワークを楽しまれていたようで、この他にも藍染木綿の型染や絣、江戸ちりめんの刺繍裂など多様な古布コレクションを拝見させていただきました。

貴重なアンティーク・テキスタイルとして次の世代の服飾デザイナーの方などにも是非使っていただき、共に古布の魅力を伝えていけたら嬉しいですね。

 

「骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取り 呂芸」では能面・能装束・古布・骨董の買取りを強化しております。

ご実家の整理、遺品の整理、蔵の整理も承りますのでお気軽にご相談下さいませ。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

三鷹市周辺は井口・井の頭・大沢・上連雀・下連雀・新川・深大寺・中原・野崎・牟礼・北野などにお住いの方は出張査定・出張買取り対応致します。

 

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県

武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市・西東京市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・ 小金井市・府中市・国立市・立川市・東大和市・昭島市・八王子市・日野市・多摩市・町田市・ 稲城市・福生市・あきる野市・羽村市・青梅市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村といった 東京23区外の関東圏に加え、全国出張査定・出張買取りも承りますのでご遠慮なく お問い合わせくださいませ。

 

 

店舗 骨董品古布はぎれ販売/骨董品古布はぎれ買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時

(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報