買取実績
  • 2019.03.18 
    茶道具
    出張買取

    茶道具・茶掛けの買取り(山田無文・掛軸) 杉並区・東高円寺駅

    • 買取エリア

      杉並区和田

    • 買取参考価格
      お問い合わせください。

茶道具・茶掛けの買取り(山田無文・掛軸) 杉並区・東高円寺駅

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は杉並区東高円寺駅周辺にお住いのご依頼者様宅にて茶道具の出張査定・出張買取りに行って参りました。丸の内線・東高円寺駅は名称こそ高円寺なのですが杉並区和田にある杉並区最東端の駅になります。

今回ご紹介したい茶道具・茶掛けは臨済宗妙心寺派管長・山田無文の円相になります。

 

山田無文は1900年愛知県生まれの臨済宗妙心寺派管長にして花園大学学長を務められた昭和の名僧の一人として広く知られております。号を太室、通仙道とし書画、著作を多く残されております。

一般の人を対象にした法話を多くこなされ、わかりやすい言葉で禅の心・精神を伝えることに尽力されました。その話術の妙は聞く者の心を掴み、落語家が山田無文の話術を勉強しに法話に参加していたと言われております。

 

当初はチベット探検で有名な黄檗宗の僧侶・河口慧海の元で出家され激しい修行生活のもと勉学に努めますが、そのために結核にかかってしまい止む無く郷里の愛知県に戻り闘病生活を余儀なくされます。当時の結核は不治の病とされており、事実山田無文は医者からも見放されロクに食事も喉を通らずにどんどん痩せていき病状は悪化するばかりの日々でした。

精神的にも肉体的にも極限状態で死と隣り合わせの中、病床より縁側に出られた時、自然の、風景のありのままの美しさ・力強さを感じられたそうです。大きなもの、大地の恩恵の下で生かされていると感じられたそうです。

 

今回拝見しました山田無文の茶掛け(掛軸)は禅における書画のひとつ「円相」になります。円相は悟りの境地などを象徴的に表現したもので、その解釈は描く者・見る者の心象で様々です。

円相は心を映す窓という意味で「円窓」とも書かれることから自分自身の心を見つめる象徴と言えるのではないでしょうか。

円相に「不生不滅」と書かれております。「不生不滅」とは仏教用語で「何事も生じず、また滅することもない常住不変」という意味ですが、それも見る人読む人それぞれの解釈があって然るべき概念なんだと思います。

茶道具としても円相は季節も選ばず用いることができますので一本あるとなにかと助かる茶掛け(掛軸)かもしれません。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では茶道具の買取、茶掛け(掛軸)の買取りを強化しております。

使わなくなってしまった茶道具や飾らなくなってしまった茶掛け(掛軸)はございませんでしょうか。

ご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

東京都杉並区内は阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻窪・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田など、周辺は世田谷区・渋谷区・中野区・練馬区・三鷹市・武蔵野市・井の頭駅周辺・吉祥寺駅周辺などにお住いの方には出張査定・出張買取り致します

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報