買取実績
  • 2019.01.15 
    骨董品
    出張買取

    骨董品の買取/高台寺蒔絵・草花蒔絵耳盥(江戸初期)武蔵野市

    • 買取エリア

      東京都武蔵野市

    • 買取参考価格
      100,000

 

 

こんにちは、東京都武蔵野市の骨董品高額買取骨董品古布はぎれ販売/骨董品古布はぎれ買取の呂芸」です。本日は東京都武蔵野市に骨董品の出張査定・出張買取に行って参りました。

今回ご紹介したいお品がこの高台寺蒔絵に施された草花蒔絵耳盥(みみだらい)です。

 

耳盥(みみだらい)という言葉にあまり聞き馴染みのない方もいらっしゃるかと存じますが、耳盥とは把手部分が耳の形に似ているところからそう呼ばれるようになった盥のひとつで主に婚礼調度の化粧具のひとつ、もしくはお歯黒道具のひとつです。

今では当然馴染みのない風習ですが平安時代の貴族文化では男女問わずお歯黒をし、室町時代には一般の大人にも浸透し始め戦国時代になると武将が首を落とされた時見苦しくないようにするお歯黒や化粧を施す習慣が生まれるほどでした。しかし江戸時代以降は皇族・貴族以外の男性の間では廃れ、女性も老けて見える・手間がかかるなどの理由から敬遠し既婚女性や遊女・芸妓の化粧として定着するようになります。実はお歯黒は口腔衛生上も優れていて虫歯や歯周病などの予防にもなったらしく事実身分の高い貴族などには虫歯が少なかったそうです。

 

お歯黒に用いる溶液を鉄漿水(かねみず)と呼びます。耳盥の上に金銅板の渡し金(わたしがね)と呼ばれる細長い板を渡しその上に鉄漿水の入った容器を乗せ鉄漿筆という専用の筆で歯を黒く塗り、うがい茶碗の湯水で口うがいをするために耳盥を用います。

耳盥の多くは漆が塗られ耳の部分には金銅板で装飾されるものが多く見られますが、今回の耳盥には「高台寺蒔絵」が施されております。

 

高台寺蒔絵とは漆で絵や文様などを描き、その漆が乾かないうちに金粉や銀粉等を巻き付け定着させる技法で桃山時代に流行した蒔絵様式になります。

高台寺は太閤・豊臣秀吉の正室・ねね(北政所)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院で、現在秀吉と北政所を祀る霊廟として知られております。そして北政所が眠る霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ、かつそこにある秀吉・北政所愛用の調度品がすべてこの手法で装飾されていることにちなみ、高台寺蒔絵と呼ばれるようになりました。

 

簡略化されたモチーフがかえってメリハリを生み、黒漆とのコントラストを強調しています。左右に大きく広がった草花文には力強さを感じます。歯の一枚一枚を描割と呼ばれる蒔絵の技法で描き、且つ撒放しという手法で艶を抑えかえって深みのある落ち着いた趣きに演出した意匠が見て取れます。時代的にも江戸初期と桃山時代に近く当時の作行を伝えています。

しかしながら買取の価格としては、お歯黒用の耳盥ということもあり、茶道具などへの転用も難しいため控えめにはなってしまいます。

 

今回伺った御依頼者様は漆器をご蒐集されておりましたが、近々ご息女様のところに引っ越しをされるご予定で、ご自宅の整理と引っ越しのご準備、またご自身の生前整理をかねて買取という形でお預りさせていただきました。このほかにも根来塗の盆など骨董品を拝見させて頂き買取をさせていただきました。

非常に時代もあり後世に伝えたい逸品をお譲り下さりありがとうございました。

 

「骨董品古布はぎれ販売/骨董品古布はぎれ買取 呂芸」では武蔵野市での骨董品買取を強化しております。

お使いにならなくなった骨董品はございませんでしょうか。ご自宅の整理や生前整理、ご遺品の整理、また倉庫や蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

 

 

武蔵野市は 吉祥寺、吉祥寺東町、吉祥寺南町、御殿山、吉祥寺本町、吉祥寺北町、中町、西久保、 緑町、八幡町、関前、境、境南町、桜堤などにお住いの方には出張買取を致します。

 

また東京都・神奈川県・千葉県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県

武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市・西東京市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・ 小金井市・府中市・国立市・立川市・東大和市・昭島市・八王子市・日野市・多摩市・町田市・ 稲城市・福生市・あきる野市・羽村市・青梅市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村といった 東京23区外の関東圏に加え、全国出張も即時対応させていただいております。

 

 

店舗 骨董品古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報