買取実績
  • 2019.07.21 
    人形
    出張買取

    ブロンズ像の買取り(舟越保武)国立市・国立駅

    • 買取エリア

      東京都国立市

    • 買取参考価格
      お問い合わせください

ブロンズ像の買取り・国立市・国立駅

こんにちは、東京都国立市のブロンズ像高額買取り「骨董品茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は東京都国立市にお住いのお客様宅にブロンズ像など骨董品の出張査定・出張買取りにお伺い致しました。

東京都国立市は東京都多摩地区にある市のひとつで中央本線・国立駅など鉄道と甲州街道が通り非常に交通の利便性が高い地域でもあります。

ドイツの学園都市・ゲッティンゲンをモデルとした区画整理を行い学園都市として構想された国立市より本日買取りをさせていただいたブロンズ像よりご紹介したいのが舟越保武のブロンズ像です。

 

舟越保武は戦後の日本を代表する彫刻家の一人で人気があり、これまでも過去に買取りをさせていただきました。東京美術学校(現在の東京藝術大学)同級の佐藤忠良らとともに東京都練馬区のアトリエ付き長屋に住み石彫などの作品制作に励んだ舟越保武、拝見しましたブロンズ像は舟越保武の作品で人気の高い女性像・少女像のひとつ「LOLA」です。

舟越保武の制作はモデルを前に制作するのではなく、記憶の中に残る姿・イメージを表現したことで有名です。記憶の中で理想化した表現方法はいわば舟越自身の女性に対して持つ、不変の想いだったのではないでしょうか。

1987年に脳梗塞で倒れた舟越保武の右半身にはマヒが残りましたが入院中に左手でのデッサンを始め退院後には彫刻の制作を再開します。敬虔なカトリック教徒であった舟越は脳梗塞と言う事実を天命として受け入れたのでしょう、左手で作られた作品は荒々しさの中に神々しさすら感じさせます。

 

 

このブロンズ像を所有されていた方はご依頼者様のお父様でしたが残念ながらお亡くなりになられ、この度はご遺品の整理としてブロンズ像や骨董品を買取りさせていただくこととなりました。

大切にされてきたブロンズ像ですが、今後あまり飾る機会がないとのことでしたので、次の方への橋渡しの意味合いを込め買取りをさせていただきました。新しいご縁があるまで責任をもってお預りいたします。この度は大変思い出深いブロンズ像を買取りさせていただきありがとうございました。

 

「骨董品茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董品茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」ではブロンズ像の買取りを強化しております。

お飾りにならなくなってしまったブロンズ像や人形、彫刻などがございませんでしょうか。

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして家屋解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定も行っておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

東京都国立市周辺では国立市(青柳・石田・泉・北・中・西・東・富士見台・矢川・谷保)・多摩市・稲城市・府中市・日野市・八王子市・町田市・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市・西東京市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・ 小金井市・国立市・立川市・東大和市・昭島市・福生市・あきる野市・羽村市・青梅市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村などにお住いのお客様は出張査定・出張買取り対応致します。

 

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県の関東圏に加え、全国出張査定・出張買取りも承りますのでご遠慮なく お問い合わせくださいませ。

 

店舗 骨董品茶道具古布はぎれ販売/骨董品茶道具古布はぎれ買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時

(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報