買取実績
  • 2020.03.28 
    絵画
    出張買取

    大津絵の買取(仏画・掛軸)東京都杉並区

    • 買取エリア

      東京都杉並区

    • 買取参考価格
      80,000円
買取品目絵画
買取エリア

東京都杉並区

買取方法出張買取
買取価格¥80,000

ご覧下さり誠にありがとうございます。「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

本日3月28日は新型コロナウィルスによる影響により臨時休業とさせていただいております。

そこで今回は以前東京都杉並区にお住まいのお客様より買取致しました大津絵のご紹介をしたいと思います。

 

大津絵とは滋賀県大津市で江戸時代初期より書かれていた民族絵画・民画になります。それは主に東海道を旅する旅人たちのお土産品、護符として知られていた名産品でもありました。

大津絵の初期は寛永年間(1624~1644)頃に仏画として描かれ始めたとされております。当初は信仰の一環と考えられていた大津絵ですが時代が進むにつれ世俗画へと転じ1700年代には風刺的な道歌を伴うようになりました。

東海道の大津宿名物として知られる様になり、文化・文政年間(1804~1829)になると大津絵十種と呼ばれる画題が確立します。

そしてそれぞれの絵に護符としての効能やご利益も書かれ幕末期の最盛期を迎えました。 

 

画像の大津絵は初期の大津絵で青面金剛と呼ばれる仏画になります。

大津絵が世俗画となる以前の作品ですのでコンディションも良い状態で現存するものが少ない貴重な一点と言えます。

きちんと表装され、掛軸として保管されておりました。

お持ちの方は杉並区浜田山周辺に代々住まわれているご家系の方で、先代がお亡くなりになられ諸事情により伝えられてきた家財の一部を処分したいと弊社にご相談下さいました。

見事な大津絵で骨董品、掛軸としてはもちろん、民芸運動の開祖・柳宗悦が愛した民芸として高く評価させて頂き8万円にて買取させていただきました。

その節は大変お世話になりました。

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」では骨董品・掛軸・民芸の買取を強化しております。

大津絵のような骨董品であり民芸でもある作品をお持ちでしたら是非私たち呂芸にお問い合わせ下さい。

価値のわからない掛軸や骨董でも構いません、画像を添付するだけのLINEなどweb簡易査定も無料にて行っておりますので是非ご活用ください。

 

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品の整理・買取、そしてご実家などの家屋取り壊し・建て替え・売却に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。  

 

 

呂芸の骨董品・掛軸・民芸買取に関するお問い合わせはここをクリック↓

 

東京都杉並区周辺では杉並区(阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻窪・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田)・世田谷区・渋谷区・中野区・練馬区・三鷹市・武蔵野市・井の頭駅近隣・吉祥寺駅近隣などにお住いの方には骨董品・古布・こけし・日本画など出張査定・出張買取を致します。

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取に関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報