買取実績
  • 2019.09.21 
    骨董品
    出張買取

    宜興朱泥急須・煎茶道具の買取(中国美術)中野区鷺宮

    • 買取エリア

      中野区鷺宮

    • 買取参考価格
      お問い合わせください
買取品目骨董品
買取エリア

中野区鷺宮

買取方法出張買取
買取価格お問い合わせください

こんにちは、中野区鷺宮の中国美術高値買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/買取の呂芸」です。

 

本日は中野区鷺宮のお客様宅へ中国美術の出張査定と買取でお伺いさせていただきました。

中野区鷺宮は練馬区中村南や中野区野方・丸山・上鷺宮・若宮・白鷺、そして杉並区井草と接するため、弊社のある荻窪からも近く、これまで何度となく買取でお伺いさせていただいた地域になります。

ご依頼者様は長年中野区鷺宮にて書道を楽しんでこられましたが近々ご息女様のところへ引っ越しのご予定とのこと、そこでご自身の終活・生前整理を兼ねた家財整理を私たち呂芸にご依頼下さいました。

そして今回、中国美術の買取としてお預りさせていただいた中よりご紹介したいのが中国宜興窯の朱泥急須になります。

 

中国宜興窯は中国八大古窯のひとつで江蘇省宜興にて紫砂壺と呼ばれる急須を主に生産する窯です。

紫砂壺(しさこ)は宜興で採れる泥土で釉薬を掛けずに焼成されます。時代のある紫砂壺は「枯れた」表情を見せ、文人趣味の極みとして珍重されました。

紫砂壺は朱泥や紅泥、紫泥、緑など焼成と加工で様々な顔を見せます。同じ朱泥急須は日本の常滑でも作られてはおりますが宜興の朱泥急須は表面に無数の細かい孔がありお茶の成分を蓄える作用がありお茶の持つ香味を高めます。

 

宜興の急須は中国美術コレクターにも人気があり特に「荊渓恵孟臣製」と底裏面に見られる急須は中国美術の買取において高額査定になる可能性が高いと言えます。

荊渓とは宜興のことを指し、恵孟臣(けいもうしん)とは中国の明時代に活躍した急須作家になります。

今回拝見しました朱泥急須ですがそういった作家による逸品というわけではございませんが楽しんで使われる分には申し分のない急須かと思われます。ご依頼者様は書道をされていたので煎茶道具として朱泥の急須を集めていたというより書道具のひとつ、水滴に見立てて小振りの急須を中心にご蒐集されたそうです。

中国茶具・煎茶道具としては勿論、書道具としても大変味わいのある作行きですね、今回は奥の深い中国美術を買取させていただきありがとうございました。

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」では中国美術の買取を強化しております。

使わなくなった煎茶道具・中国茶具などはございませんでしょうか。砂壺の底裏面にある落款が読めないなどあるかと思われます。

その際はLINEなどweb査定も無料で行っております、是非ともご利用くださいませ。

 

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品の整理、そして家屋解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

呂芸の中国美術買取詳細はここをクリック↓

 

 

中野区では新井・江古田・江原町・上鷺宮・上高田・鷺宮・白鷺・中央・中野・東中野・沼袋・野方・本町・松が丘・丸山・南台・大和町・弥生町・若宮、新宿区・渋谷区・杉並区・豊島区・練馬区にお住まいのお客様は出張査定・出張買取の対応をしております。

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取に関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報