買取実績
  • 2020.01.17 
    こけし
    出張買取

    東京都新宿区にて伝統こけしの買取を致しました。

    • 買取エリア

      東京都新宿区

    • 買取参考価格
      お問い合わせ下さい

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。東京都新宿区のこけし買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

 

本日は東京都新宿区にお住まいのお客様より先日買取をさせていただきました伝統こけしをご紹介したいと思います。

画像のこけしは福島県土湯温泉周辺で生産されております、土湯系こけしになります。

土湯系こけしの特徴は細い胴にボーダーライン、そして頭頂部は蛇の目模様、表情はクジラ目に三日月眉毛、垂れ鼻、おちょぼ口です。こういったこけしの描写や形状を師弟制により伝統的に伝えていくのが伝統こけしと呼ばれる所以です。

東北地方で作られる伝統こけしは福島県土湯系をはじめ、宮城県の遠刈田系・鳴子系・弥治郎系・作並系、山形県の山形系・蔵王高湯系・肘折系、秋田県木地山系、岩手県南部系、青森県津軽系と11系統のこけしに大別され、それぞれの伝統的な描写・形状で制作されております。

今回買取対象となりました土湯系こけしの工人は佐久間嘉光、佐藤嘉吉を師事した父・佐久間弥や叔父の佐藤佐志馬の元で木地を学び、昭和50年以降にこけしを製作し始めたという人物です。

胴に描かれたギザギザの鋸歯文様は父・佐久間弥が得意とした描彩を継承したものと考えられます。 

 

土湯系こけしには佐久間姓の工人が多く、その中で戦前から活躍された工人の作品は高値買取となる可能性もあります。

今回お伺いしました東京都新宿区在住のお客様はお亡くなりになられた御父様のこけしコレクションの買取処分をご希望とのことでしたので一本一本拝見させていただき買取をさせていただきました。

いずれも時代の若いこけしでしたが本数が100本を超えましたのでお客様にとってもご納得いただける査定額でお預りさせていただきました。

 

 

「骨董品茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」は東京都新宿区でのこけし買取をさせていただいております。

ご実家などに古いこけし、価値のわからないこけし、色が薄くなってしまったこけし黒ずんだこけし名前の入っていないこけし作者不明のこけしなどございましたら、まずは私たち呂芸にお問い合わせください。

こけし買取り実績など豊富にございますのでぜひご参考ください。

LINEなどweb査定も無料にて行っておりますので是非ご利用くださいませ

 

加えてご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品整理・買取、そしてご実家・家屋の解体・売却に伴う倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

呂芸のこけし買取お問い合わせはここをクリック↓

 

 

新宿区周辺では新宿区安住町・赤城下町・赤城元町・揚場町・荒木町・市谷加賀町・市谷甲良町・市谷砂土原町・市谷左内町・市谷鷹匠町・市谷田町・市谷台町・市谷長延寺町・市谷仲之町・市ヶ谷八幡町・市谷船河原町・市谷本村町・市谷薬王寺町・市谷柳町・市谷山伏町・岩戸町・榎町・大久保・改代町・神楽河岸・神楽坂・霞ヶ丘町・片町・歌舞伎町・上落合・河田町・北新宿・北町・北山伏町・細工町・左門町・信濃町・下落合・下宮比町・白銀町・新小川町・新宿・水道橋・須賀町・住吉町・大京町・高田馬場・箪笥町・築地町・津久戸町・筑土八幡町・天神町・戸塚町・富久町・戸山・内藤町・中井・中落合・中里町・中町・納戸町・西落合・西五軒町・西新宿・二十騎町・西早稲田・馬場下町・払方町・原町・東榎町・東五軒町・百人町・袋町・舟町・弁天町・南榎町・南町・南元町・南山伏町・山吹町・矢来町・横寺町・余丁町・四谷・四谷坂町・四谷三栄町・四谷本塩町・若葉・若松町・若宮町・早稲田鶴巻町・早稲田南町・早稲田町、千代田区、港区、文京区、渋谷区、中野区、豊島区などにお住いのお客様は骨董品・茶道具・民芸品・こけし・古布などの出張査定・出張買取対応致します。

 

また東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報