買取実績
  • 2020.06.10 
    こけし
    出張買取

    横浜市より伝統こけしの買取(土湯系・二代目太治郎)

    • 買取エリア

      神奈川県横浜市

    • 買取参考価格
      お問い合わせ下さい
買取品目こけし
買取エリア

神奈川県横浜市

買取方法出張買取
買取価格お問い合わせ下さい

ご覧いただき誠にありがとうございます。神奈川県横浜市のこけし買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

 

今回買取させていただきました伝統こけしの中に工人名ではなく「二代目太治郎」と書かれたこけしがありました。

このこけしを制作したのは土湯系こけし工人の佐藤正一です。昭一の師匠は斎藤太治郎、戦前に活躍し大変人気のあったこけし工人で、その師匠の作風・太治郎型を踏襲し「二代目太治郎」と署名するようになります。

伝統こけしの特徴、先代の工人の型を伝統的に引き継ぐという特徴を表す端的な例といってもいいでしょう。

師匠である斎藤太治郎は当時のこけし愛好家の間では知らぬ者がいないと思われるほど有名だったため「二代目太治郎」と署名するには並々ならぬ覚悟と自信があったことでしょう。

 

本作品は恐らく昭和30年代に作られたこけしだと推察されます。昭和30年代は第二次こけしブーム真っ只中で非常に多くのこけしが制作されたため現在でも數多く残っており、こけし買取の相場としてはかなり控えめな査定額と言わざるを得ません。

ただその中でも作家性やコンディションの良好なこけしはプラス評価となることもございます。もしこけしの価値を知りたいということでしたら是非お問い合わせ下さい。

 

「骨董品茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」は埼玉県幸手市でのこけし買取を強化させていただいております。

東北地方で作られる伝統こけしは福島県土湯系、宮城県の遠刈田系・鳴子系・弥治郎系・作並系、山形県の山形系・蔵王高湯系・肘折系、秋田県木地山系、岩手県南部系、青森県津軽系と11系統のこけしに大別されております。

ご実家などに古いこけし、価値のわからないこけし、色が薄くなってしまったこけし黒ずんだこけし名前の入っていないこけし作者不明のこけしなどございましたら、まずは私たち呂芸にお問い合わせください。

こけし買取り実績など豊富にございますのでぜひご参考ください。

画像を添付するだけのLINEなどweb簡易査定も無料にて行っておりますので是非ご利用くださいませ。

 

加えてご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品整理・買取、そしてご実家・家屋の解体・売却に伴う倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

呂芸のこけし買取お問い合わせはここをクリック↓

神奈川県横浜市での伝統こけし買取は呂芸にお任せ下さい
  

神奈川県横浜市周辺では横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区 、港南区 、保土ケ谷区、 旭区、 磯子区 、金沢区 、港北区 、緑区 、青葉区 、都筑区 、戸塚区 、栄区 、泉区、 瀬谷区)川崎市 (川崎区 、幸区 、中原区 、高津区 、宮前区 、多摩区 、麻生区)横須賀市 、鎌倉市 、逗子市 、三浦市 、葉山町、相模原市 、厚木市 、 大和市 、海老名市 、座間市 、綾瀬市 、愛川町 、清川村、平塚市 、藤沢市、 茅ヶ崎市 、秦野市 、伊勢原市 、寒川町 、大磯町 、二宮町、南足柄市 、中井町 、大井町 、松田町 、山北町 、開成町、小田原市 、箱根町 、真鶴町 、 湯河原町などにお住いのお客様は骨董、古布、こけし、茶道具など出張査定・出張買取対応致します。

 

また東京都・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

メディア情報