買取実績
  • 2020.02.02 
    着物・古布
    出張買取

    神奈川県藤沢市にて古布・コプト裂の買取

    • 買取エリア

      神奈川県藤沢市

    • 買取参考価格
      お問い合わせ下さい
買取品目着物・古布
買取エリア

神奈川県藤沢市

買取方法出張買取
買取価格お問い合わせ下さい

神奈川県藤沢市にて古布・コプト裂の買取

ご覧いただき誠にありがとうございます。神奈川県藤沢市での古布・テキスタイル買取「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

 

神奈川県藤沢市は神奈川県南部に位置し、横浜市や鎌倉市、綾瀬市、海老名市、茅ケ崎市、大和市、高座郡寒川町と接する都市です。

観光都市としても有名で江ノ島、辻堂海岸など、いわゆる湘南の中心として知られております。

今回はそんな神奈川県藤沢市にお住まいのお客様より大変珍しい古布を買取させていただきましたのでご紹介したいと思います。 

 

画像の古布はコプト裂と呼ばれるテキスタイルになり、コプト織ともいいます。

コプト織は4~5世紀を中心に、大きくみて2~12世紀の間でエジプトのキリスト教徒が制作した綴れ織になります。主にミイラ、遺骸などに着せるなど埋葬時の屍衣として用いられましたが、他にもクッションや壁掛け、敷物としても用いられたようです。

コプト裂は麻の地に緯糸を羊毛、絹など用い文様を表します。キリスト教の聖書にある人物や場面、またエジプトらしい水鳥や植物などはモチーフとして選ばれております。

 

コプト裂は大変珍しい古布であまり市場に出る古布ではありません。お伺いしましたお客様も画像の様に額装をして保存されておりました。

来歴をお尋ねしますと、民芸運動にも参加し日本を代表する染色工芸家にして「型絵染」の人間国宝・芹沢銈介(芹沢けい介)から譲り受けた古布とのことでした。

芹沢銈介(芹沢けい介)とご縁の方とは驚きでしたが、彼のコレクションでしたら十分に納得です。

今回買取対象となったコプト裂は首を下げた水鳥の意匠が大変ユニークで古布が好きな方は間近で見てみたい古布のひとつではないでしょうか。

この度は大変希少な古布であるコプト裂の買取をさせていただきありがとうございました。 

 

 

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」では古布・テキスタイルの買取を強化しております。

今回のコプト裂のような希少な古布の価値は大手着物リサイクルショップや骨董店では分からないと思われます。

もしご自宅にご不要となった古布、テキスタイルがございましたら是非古布専門の呂芸にご相談下さいませ。

価値のわからない古布やハギレでも構いません、LINEなどweb査定も無料にて行っておりますので是非ご活用ください。

 

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品の整理・買取、そしてご実家などの家屋取り壊し・建て替え・売却に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

呂芸の古布・着物買取詳細はここをクリック↓

 

 

神奈川県藤沢市周辺では神奈川県藤沢市・茅ケ崎市・横浜市・横須賀市・逗子市・川崎市・相模原市・平塚市・鎌倉市・小田原市・三浦市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中部大磯町・中部二宮町・南足柄市・足柄上郡中井町・足柄上郡大井町・足柄上郡松田町・足柄上郡山北町・足柄上郡開成町・足柄下郡箱根町・足柄下郡湯河原町・足柄下郡真鶴町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川町などにお住いのお客様は骨董・古布・絵画・リトグラフなどの出張査定・出張買取対応致します。

 

 

また東京都・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取も承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報