買取実績
  • 2020.08.13 
    着物・古布
    出張買取

    襤褸(ボロ・らんる)の買取・東京都品川区

    • 買取エリア

      東京都品川区

    • 買取参考価格
      お問い合わせ下さい
襤褸(ボロ・らんる)の買取・東京都品川区
買取品目着物・古布
買取エリア

東京都品川区

買取方法出張買取
買取価格お問い合わせ下さい

ご覧下さりありがとうございます。「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」です。

本日は東京都品川区にお住いのお客様宅に古布や骨董などの出張査定・出張買取にお伺い致しました。

そして今回買取しました古布の中からご紹介したいのが襤褸の半纏です。

 

襤褸とは「ぼろ」とも「らんる」とも呼ばれている、ご覧の通り継ぎ接ぎだらけの布のことを指します。

木綿が貴重だった東北地方を中心に使われてきた継ぎ接ぎと刺子で重ねられたボロい着物が襤褸です。東北地方は気候的に綿花の栽培がしにくく結果被服の素材は麻が中心でした。

木綿は麻に比べ格段に温かく、冬の厳しい東北では大変貴重な布でした。

擦り切れるまで使い、空いた穴を継ぎ接ぎしまた使う、そしてまた開いた穴をふさぐ、そうやって何層にも重なり合った布が襤褸です。そこには素朴な美しさがあります。

現在では襤褸の深い藍染はデニムなどに用いるインディゴに似ているとして海外のバイヤーから人気があり高額での取引となる場合もございます。

 

今回買取対象となりました襤褸は色々な色が重なっており非常に面白い景色となっております。

お持ちの方は残念ながらお亡くなりになられ、ご遺族の方よりご遺品の整理・処分という形でお預りさせていただきました。

東北地方の出身だったそうでこちらの襤褸を手放すことなく持ってこられたとのことでした。

ただ現在ではその価値を知る人もいなくなったので分かる方にお譲りしたいとご相談くださいました。

この度は大変味のある襤褸を買取させていただきありがとうございました。

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取の呂芸」では古布・着物の買取を強化しております。

今回のような襤褸など希少な古布の価値は大手着物リサイクルショップや骨董店では分からないと思われます。

ハギレに関しましては一片が30㎝にも満たないものもあり、一点一点査定価格を付けるというのが性質上難しいこともございます。

古布に関するお問い合わせは私たち呂芸にお任せください。

ご自宅にご不要となった古布、テキスタイルがございましたら是非古布専門の呂芸にご相談下さいませ。

画像添付するだけのLINE簡易web査定も無料にて行っておりますので是非ご活用ください。

 

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、ご遺品の整理・買取、そしてご実家などの家屋取り壊し・建て替え・売却に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

呂芸の古布買取お問い合わせはここをクリック↓

品川区周辺では品川区(荏原・大井・大崎・勝島・上大崎・北品川・小山・小山台・戸越・中延・西大井・西五反田・西品川・西中延・旗の台・東大井・東五反田・東品川・東中延・東八潮・平塚・広町・二葉・南大井・南品川・八潮・豊町)、港区、目黒区、大田区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、中野区、杉並区、世田谷区などにお住いのお客様は骨董・茶道具などの出張査定および出張買取り対応致します。

 

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張査定・出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取りに関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報