買取実績
  • 2019.12.06 
    骨董品
    出張買取

    豊島区駒込にて古瓦・建具の買取り(骨董)

    • 買取エリア

      豊島区駒込

    • 買取参考価格
      お問い合わせ下さい
買取品目骨董品
買取エリア

豊島区駒込

買取方法出張買取
買取価格お問い合わせ下さい

 

ご覧下さり有難うございます。豊島区駒込の古瓦・建具買取り「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取りの呂芸」です。

 

豊島区駒込は豊島区北部の本郷台地に位置し、同じ豊島区巣鴨の他、北区西ヶ原・中里・田端、文京区本駒込と接する地区になります。かつての豊島郡駒込村は文京区本駒込や千駄木なども含んだ地域でしたが後に上駒込村と下駒込村に分かれ上駒込村が豊島区駒込となりました。豊島区駒込と文京区本駒込周辺からは弥生時代後期の遺跡が発見され、また付近の西ヶ原からも旧石器時代の出土品や縄文時代の集落跡などが発見されたことから、古くから人々が居住した地域だといえます。 

 

今回はそんな豊島区駒込にお住いのお客様より買取りをさせていただいた骨董の中から建具・建材のひとつでもある古瓦をご紹介したいと思います。

瓦は古今東西問わず用いられている建具・建材です。その歴史は古く中国では夏時代に陶製の瓦が作られたという記録があり春秋戦国時代の瓦が遺跡として現存しております。

日本における瓦は飛鳥時代、崇峻天皇の頃に朝鮮半島の百済を介し仏教と共に伝来したとされております。そして飛鳥寺で用いられた瓦が日本最古の瓦と云われております。

 

奈良時代・平安時代になりますと寺院や宮殿の他、官庁にも瓦が用いられることとなります。当時はまだ公的な建物にのみ瓦が敷かれ、貴族などの邸宅は檜皮葺(ひわだぶき)が主流でした。

近世に入り瓦は城郭などに用いられ発展します。安土桃山時代には鯱瓦や鬼瓦、金箔瓦など大変意匠を凝らした瓦が誕生しました。

 

こういった時代のある瓦を古瓦と呼び、寺院などの軒丸瓦などは骨董として蒐集の対象とされております。

軒丸瓦には蓮花文などが施され、洗練されたその意匠に気品を感じさせます。特に飛鳥時代・白鳳時代の古瓦は瓦の質・造形美ともに最高の物とされ、古瓦買取りにおいて高額での買取りとなるケースが多く見受けられます。

時代のある古瓦は骨董としてコレクターアイテムであると同時に古い寺院・仏閣や城郭を知る上で大切な歴史的資料としての価値もございます。また中国では古瓦は硯としても用いられ、中国美術品として取引されております。

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取りの呂芸」では建具・古瓦の買取りを強化しております。

もしご自宅やご実家に古い瓦、古瓦がございましたら是非呂芸にお問い合わせ下さい。

価値のわからない建具や古い瓦でも構いません、LINEなどweb査定も無料にて行っております、是非ご活用くださいませ。

 

またご自宅やご実家の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理・買取、そして家屋やご実家・ご自宅の売却・解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

呂芸の骨董・古瓦買取り詳細はここをクリック↓

豊島区周辺では東京都豊島区(池袋・池袋本町・要町・上池袋・北大塚・駒込・巣鴨・千川・雑司が谷・高田・高松・千早・長崎・西池袋・西巣鴨・東池袋・南池袋・南大塚・南長崎・目白)、文京区、中野区、北区、板橋区、練馬区にお住いのお客様へ骨董・古布・こけし・古瓦などの出張査定・出張買取り対応致します。

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取りに関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報