呂芸ブログ
古布・骨董コラム
着物・古布
2021.04.30

アイヌ民族衣装の買取方法について

 

アイヌとは

かつて北海道は「蝦夷地」と呼ばれておりました。

そこには古くからアイヌと呼ばれる先住民族が住み独自の文化を構成しておりました。

江戸時代になると松前藩が統治するようになります。

明治になりますと1869年(明治2年)に開拓使が設置され蝦夷地は北海道と改称されます。その後屯田兵と呼ばれる北海道の警備と開拓に従事す兵士が入植するようになり和人の人口が増加します。

アイヌの人々も日本国の平民とされましたがアイヌ独自の社会や文化は「陋習」と見なされ、結果多くのアイヌ民族文化が失われてしまいました。

 

戦後1950年代にアメリカで先住民族の権利主張が取り上げられ日本でもアイヌ民族の権利回復運動が行われる様にあります。

1997年アイヌ文化振興法施行によって1899年(明治32年)制定の北海道旧土人保護法は廃止されました。

2019年には「アイヌの人々が誇りを尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律」が成立し、同法1条の目的規定において「この法律は、日本列島北部周辺、とりわけ北海道の先住民族であるアイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及びアイヌの文化(以下「アイヌの伝統等」という。)が置かれている状況並びに近年における先住民族をめぐる国際情勢に鑑み、アイヌ施策の推進に関し、基本理念、国等の責務,政府による基本方針の策定、民族象徴共生空間構成施設の管理に関する措置、市町村(特別区を含む。以下同じ。)によるアイヌ施策推進地域計画の作成及び内閣総理大臣による認定、当該認定を受けたアイヌ施策推進地域計画に基づく事業に対する特別の措置、アイヌ政策推進本部の設置等について定めることにより、アイヌの人々が民族としての誇りを持って生活することができ、及びその誇りが尊重される社会の実現を図り、もって全ての国民が相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することを目的とする。」と規定され、法制上アイヌの人々が北海道の先住民族であることを明記されました。

 

そしてアイヌの人々の文化復興、創造、発展のため2020年北海道白老町ポロト湖畔にウポポイ(民族共生象徴空間)が開館します。

 

アイヌ民族衣装とは

アイヌの伝統衣装はアミプと呼ばれます。特にオヒョウやシナノキの樹皮から取った繊維で織った生地で仕立てた衣装をアットゥシと呼びます。

樹皮から仕立てた生地を靭皮と呼びますが、オヒョウが北海道に多く自生していたためと考えられております。その靭皮を温泉などに浸け柔らかくし、柔らかくなった靭皮を裂いて糸とし、その糸を腰機(こしばた)で織り上げます。

仕立ては和服に似ていますが筒袖で衽(おくみ)がありません。装飾として、木綿の生地をアップリケし、さらに刺繍を施すが、模様は北海道各地に系統だったものが存在します。

 

道南地方、特に噴火湾沿岸地方では長方形に裁断した綿布をアップリケして刺繍した「ルウンペ」、また日高地方では紺地の綿布に白い綿布をアップリケして曲線を多用した模様を描いた「カパラミプ」があります。

綿布の流通が乏しかった石狩川の上流部や十勝地方では、生地に直に刺繍することで模様を描いた「チヂリ」が存在します。さらに繊維用の森林資源にも乏しかった千島列島では、鳥の皮で作られた外套「チカプウㇽ」と呼ばれる衣装も存在します。

江戸時代中期以降は、和人との交易で入手した小袖や陣羽織が、儀礼用の衣装として着用された。

 

アイヌ民族衣装は江戸時代の北前船貿易や松前藩との交易により本土内に交易品として輸出されており、時代のあるアイヌ民族衣装は高額買取される可能性が高いです。

現在も北海道ではアイヌ民族衣装が工芸品として作られております。

 

アイヌ民族衣装は高額査定の可能性があります

アイヌ民族衣装と申し上げても種類が多いことがお分かりにあるかと思います。

アイヌ民族独特の文化を持ち、着物・和服とは違った魅力のあるアイヌ民族衣装は現在では日本を代表する伝統工芸品となっております。完成までに大変な手間がかかり、大量生産ができないことが高額取引になる最大の要因です。

 

そして希少性の高さから高額買取となる可能性があるものは古いアイヌ民族衣装です。

ただ現代のアイヌ民族衣装との見た目の違いなどはあまりアイヌ民族衣装にご興味がない方ですとなかなか見分けがつかないかもしれません。少し変わった柄の着物だなくらいに思われ、大手リサイクルショップや芸能人を広告に起用した着物リサイクル店などに安価で買取されてしまう可能性もございます。

アイヌ民族衣装は高額査定のチャンスだからこそ、きちんとアイヌ民族衣装に対する知識の豊富な買取業者を選択する必要があります。

 

保存状態の良し悪しはアイヌ民族衣装に限らず重要な買取査定ポイントとなっております。

ホツレや破れ、虫食い、穴開きなどはマイナス評価となります。

ただし素人考えで洗濯や補修などはしないでください。かえって品質を落としてしまい査定に悪影響を与えかねません。

 

インターネットの普及により「アイヌ民族衣装 買取」や「アイヌ民族衣装 処分」などで検索しますと数多くの買取業者がヒットするかと思います。その中から一体どの買取業者がご自身に合うか、見つけるのはなかなか骨が折れる作業となるかもしれません。

 

ポイントとしましては、まず買取実績などを見て実際にアイヌ民族衣装の買取をしているかどうか見定めることです。

また今では画像添付するだけのライン簡易査定などweb査定を充実させている業者もおりますので、気になった買取業者に画像を送り見積もりを取るとよいでしょう。

ご不安でしたら一社だけでなく複数の買取業者に見積もりを出し見比べるのもよいかもしれません。

 

買取方法は出張査定・宅配査定・来店査定が一般的です。

お客様のご事情に応じてお選びいただくのがよいかと思います。

 

 

『まとめ』アイヌ民族衣装の買取方法について

アイヌ民族とは北海道に居住する先住民族です。

戦後にはアイヌ民族の権利とアイヌ文化・伝統の保護と復興が進み現在ではウポポイを中心にアイヌブームが起こっております。

アイヌ民族衣装にはアットゥシやルウンペ、カパラミプなどの種類があり、アイヌの伝統的手法で作られている工芸品になります。現在も北海道の伝統工芸品として生産されております。

アイヌ民族衣装はいずれも手間と時間がかかるため大量生産に向かず、希少性の高いものがほとんどとなります。

そのためアイヌ民族衣装の中には高額で取引されるものも少なくありません。

特に古いアイヌ民族衣装は希少性も高く高額買取される可能性が大いにございます。

その際はコンディションも大変重要となりますので査定前にご確認ください。

 

ただし適正な価格で査定を受けるにはアイヌ民族衣装に詳しい買取業者の選択が必要になります。

場合によっては何社かにアイヌ民族衣装買取査定依頼を問い合わせてみるのもよいかと思います。 

 

 

昨今では電話はもちろんLINEなどを用いた画像を添付するだけの簡易査定を行う業者がほとんどですのでご利用されてみてはいかがでしょうか。 
 
 

店舗 骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売・買取/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

定休日 水曜・木曜

 

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と買取に関する電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報