呂芸ブログ
古布・骨董コラム
茶道具
2021.02.27

香道具の高額買取情報について

香道具を売りたいお客様へ

香道具といわれても急にはピンと来ない方もいるのではないでしょうか。

香道具とは香道で使う道具のことです。

お香といえばアロマテラピーが有名ですが日本独自の文化として香道は発達します。

 香道具はほとんどが江戸時代初期までに整備されたと云われております。

ただ香道は日本の芸事の中でもマニアックであり、あまり香道に詳しくない方にとっては香道具の価値は分からないかと思います。

ここでは香道具買取ということで、香道の歴史や香道具の買取ポイントについて説明したいと思います。

 

香道の歴史

日本書紀によると香木は推古天皇3年(595年)に淡路島に漂着したのが最初と云われております。

その後、古代インドから中国を経由し日本へと仏教と共に香文化が伝えされました。

平安時代には宗教儀式を離れ香りを鑑賞する燻物合わせなどの宮廷遊戯が行われました。

 

宗教の香・貴族の香に鎌倉時代の武士の香、そして全の教えが加わり香道として室町時代にに誕生します。婆沙羅大名など一部の上流階級の芸道として発展していきました。 

そして芸道のエッセンスを凝縮した独自の文化として発展し、当時としては非常に貴重な東南アジアの天然香木を判別するようになりました。

室町時代には御家流と志野流の2派に分かれ、この2つが主に現在まで香道を継承し続けています。

 

御家流(おいえりゅう)

三条西実隆を流祖とし、室町時代以来大臣家である三条西家によって継承されましたが、後に亜流は地下(武士・町人)にも流れることとなります。

戦後、一般市民(民間)の香道家・一色梨郷や山本霞月などにより、堂上御家流香道を継承していた三条西尭山が正式に近代御家流宗家として推戴され、三条西家の当主が御家流家元を継承しています。なお、御家流の香人は自身の流派を「当流」と称します。

なお、一般には御家流とは各芸道ごとに、特定の流派を指す言葉でもあります。

 

志野流(しのりゅう)

東山文化のリーダー八代将軍足利義政の近臣だった志野宗信(1443-1523)を流祖とし、3代省巴 ( -1571)が隠棲する際、流儀の一切を高弟であった4代宗悟(-1584)に譲り、初代宗信からの志野流の精神を一度も途切れることなく現・家元幽光斎宗玄まで継承してきております。

途中、幕末の戦乱に巻き込まれ、特に禁門の変では家屋を消失してしまい家元存続の危機がありましたが、尾張徳川家を中心に、尾張地方の名士たちがパトロンとなり流儀は守られました。現在、志野流家元は、愛知県尾張(名古屋城近く)に居を構えております。

 

なお志野流における「入門」は、その伝統・道程を守るため、一子相伝の制度をとっており、家元と共に志野流香道の精神と伝統を生涯に亘り守り続けることを誓約した者(古くは血判の誓約書を家元に提出)のみが許されます。そのため志野流香道で学んだ伝統、秘伝、及び作法等に関する知識、技能は他言してはならず、志野流香道で学んだ知識などをもとに、自ら流派、組織を立ち上げることは当然許されていません。

  

香道の家元制は他の芸事に比べて格段に厳しいのが特徴かもしれません。

 

組香とは

組香(くみこう)とは、ある一定のルールに即した香りの楽しみ方のひとつです。

文学的要素から一般教養等、多種多様の分野に取材したルールに則って香りの異同を当てるもので、非常にゲーム性に富んでいるのが特徴です。ただし、その本質は香りを聞き、日ごろの雑踏の外に身を置いて、静寂の中でその趣向を味わうことにあり、答えの成否、優劣を競うものではないとされております。

 

季節感のある組香は、その季節に行われる慣わしです。

客の回答は執筆とよばれる記録係によって記録紙に書筆、記録され、最高得点を取った人(複数いた場合は正客に近い順に)はその記録紙をもらうことができます。記録紙には、組香名、香銘、回答、成績、日付等が書き込まれます。

 

源氏香

源氏香(げんじこう)は、香道の楽しみ方のひとつです。源氏香の成立は享保のころと考えられ、源氏物語を利用した組香になります。

 

1「源氏香」では、5種の香木を各5包ずつ(計25包)用意する。

 

2香元はこの25包を切り交ぜ、中から任意の5包をとってひとつを焚き、客に香炉を順にまわし、香を聞く。これを5回繰り返す。

 

3香炉が5回まわり、すべての香が終了したあと、客は5つの香りの異同を紙に記す。この書き方こそが源氏香の特徴である。まず5本の縦線を書き、右から、同じ香りであったと思うものを横線でつないでいく(たとえば、右図の2段目右から3番目の「澪標」は、1,2,4番目に聞いた香が同じ香りで、3番目、5番目に聞いた香はそれぞれ独立した香りであるという意味)。この5本の線を組み合わせてできる型は52通りあり、この52通りの図を源氏物語五十四巻のうち桐壷と夢浮橋の巻を除いた五十二巻にあてはめる。この対応関係を記したものが「源氏香の図」である。客はこの「源氏香の図」を見ながら自分の書いた図と照合し、源氏物語の該当する巻名を書いて答とする。

 

4完全に正解すると、記録紙に「玉(ぎょく)」と書かれる。

 

 

香道具についての解説

香道具は香道で使われる道具になります。

香木を割って聞き、記録するために使用します。

香炉の他、主な道具を火道具・7つ道具といいます。それが、銀葉挟(ぎんようばさみ)、香匙(こうさじ)、香筋(きょうじ)、鶯(うぐいす)、羽箒(はぼうき)、灰押(はいおし)、火筋(こじ)の7つです。

 

 香道具は香道の流派による違いはほとんどないとされますが、豪華な蒔絵や梨地の物が多い「御家流・米川流」と、桑木地を使用する「志野流」などが素材に違いが見られます。

 

香炉は聞香炉と呼ばれる香炉が用いられ特に志野流で使用する香炉を「志野香炉」とも言います。

 

盆や箱は点前の必需品を納めたり、さまざまな雑用に利用される道具です。

乱箱や四方箱、志野袋、長盆、重香合、総包などがあります。

 

 

 

香道具の買取査定ポイント

まずはどの時代に、どの作者の手によって作らえたかが重要です。これは香道具に限った話ではありませんが作家の銘や落款は重要な査定ポイントです。

また香道具は複数の道具から成り立っていますので、それらが全て揃っているのかもポイントとなります。そして装飾・文様・素材などが施されているのかも大切です。 豪華な蒔絵や螺鈿細工の香道具は高額査定となる可能性があります。

 

香道具の主な査定ポイント

どの時代の誰の作品であるか(証明書や鑑定書があれば尚良し)

作者の署名・落款・銘があるか

保存状態は良好か(汚れがない、共箱が残っているかなど)

道具は全て揃っているか

どんな装飾が施されているか

 

また

香道具買取には大変専門性を要します。

そのため香道具の買取には香道具に精通した買取業者にご依頼するとよいでしょう。

いくつかの買取業者に見積もりを出し複数の買取業者を見比べることをお勧めいたします。

 

香道具の買取についてのまとめ

香道具は香道で用いる道具です。

香炉などの他に火道具・7つ道具と呼ばれる道具などがあり用途がそれぞれ定められております。

香道は室町時代に確立した芸事で現在では御家流と志野流が主流となります。

道具自体に大きな違いはありませんが両派では素材に違いが見られます。 

 

香道具買取には非常に専門性を要します。

そのため香道具の買取には香道具に詳しい買取業者にご依頼することを強くお勧めいたします。

いくつかの買取業者に見積もりを出しそれぞれ見比べるとよいかもしれません。

メディア情報