買取実績
  • 2019.04.13 
    着物・古布
    出張買取

    古布・骨董の買取り(江戸期藍型染め・煙草入れ仕覆)杉並区・八幡山駅

    • 買取エリア

      杉並区高井戸

    • 買取参考価格
      お問い合わせください
買取品目着物・古布
買取エリア

杉並区高井戸

買取方法出張買取
買取価格お問い合わせください

古布・骨董の買取り(江戸期藍型染め・煙草入れ仕覆)杉並区・下高井戸駅

こんにちは「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」です。

本日は杉並区高井戸は京王線・八幡山駅周辺にお住いのお客様宅に古布・骨董の買取りに行って参りました。

今回ご紹介したいのが、まさに古布・着物専門店である私たち呂芸ならではの骨董、江戸期藍型染めの煙草入れ・煙管入れの仕覆です。

 

非常に時代があり質のよい藍染木綿に細かい型染めが施されております。弁柄色も一部に使われており藍単色ではないところも古布愛好家の琴線に触れます。

仕覆とは鑑賞陶磁器や茶道具などを包む袋のことを指しますが、その生地は所謂「名物裂」と呼ばれる金襴や緞子、間道、更紗など古渡の染織品が用いられることが多くさながら古布の美術骨董品と言っても過言ではないでしょう。今回拝見した仕覆の生地は藍染の木綿です。仕覆に用いられた木綿といえばインド更紗やジャワ更紗・スマトラ更紗などの舶来品由来の木綿や堺更紗や京更紗、長崎更紗といった和更紗でしょう。江戸時代は木綿自体が貴重な布帛であり、画像のような細かい型染めは普段着・野良着に用いられたものではなく和更紗のような豪商や武家が来客用に特注で誂えた座布団皮などであったようです。

 

残念ながら中にあったであろう煙管入れや煙草入れはなく、ご依頼者様もその用途がわからなかったようでこの度弊社・呂芸に古布の査定をお問い合わせくださいました。

杉並区高井戸一帯は江戸時代甲州街道の宿場町として栄えており、今回ご依頼くださいましたご依頼者様のご家系も宿場町でご商売をされていたとのこと、こういった時代のある古布や仕覆、骨董を大事に引き継がれており大変感動致しました。

今回はご実家を取り壊すとのことでご実家の整理を兼ねてご依頼くださり、古布・骨董の買取りとしてお譲りいただきました。この仕覆に関しては何に使用するのかわからず、処分される一歩手前だったようです。古布は回収業者などに処分される前に是非、私たち呂芸に一度お問い合わせ下さいませ。

この度は大変時代のある、古布・骨董をお譲り下さりありがとうございました。

 

「骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物販売/骨董茶道具古布はぎれアンティーク着物買取りの呂芸」では古布・骨董の買取りを強化しております。

またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして倉庫や納屋・蔵の整理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

LINEなどweb査定もしておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

 

東京都杉並区内は阿佐ヶ谷・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・上井草・荻窪・久我山・上高井戸・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸・成田・西荻窪・西荻北・西荻南・成田西・成田東・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田など、周辺は世田谷区・渋谷区・中野区・練馬区・三鷹市・武蔵野市・井の頭駅周辺・吉祥寺駅周辺などにお住いの方には出張査定・出張買取りいたします。

 

東京都・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木といった関東一円、全国出張買取りも承りますのでお気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

 

 

 

店舗 骨董古布はぎれアンティーク着物販売/骨董古布はぎれアンティーク着物買取り/各種教室/呂芸

電話 03-3398-2144

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

 

買取に関する電話 0120-410-314  

受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

メディア情報