型染
かたぞめ

型染

型染
  • 型染
  • 型染
型染

型染とは文様を染める際型紙やその他の型を用いる染色法のひとつで方法型付けとも呼ばれています。

型には紙製・木製・金属製などがあり、手描きと違い文様を繰り返し染めたり同じ文様を何枚も染める のに適した方法といえます。

 

日本における型染は摺染や平安時代の蛮絵などに見られる型を用いて摺る方法、また正倉院の夾纈(きょうけち)室町時代の板締(いたじめ)などの文様を彫った板と板の間に挟み込み染める方法とあります が、江戸時代を中心に用いられた型紙捺染でしょう。 型紙捺染は型紙に文様を切り抜き、文様を手捺染する方法です。

 

中国では麻を素材とした型紙でしたが日 本は薄くて耐久性のある紗を張った美濃和紙を台紙とし日本刀の技術でもある玉鋼が使用された彫刻刀で 繊細な文様を彫った伊勢型紙(伊勢形紙)が用いられました。さらに補強剤として柿渋が用いられ柔軟か つ扱いやすい、それでいて保存も効く良質な型紙が生産されたのです。紀州藩の庇護を受け伊勢型紙(伊勢形紙)は発展していきます。 一枚型から三十枚型くらいまであり一色一枚型のものから文様の構成によっては一枚二色以上の型紙を使 用し配色の多いものほどその枚数が多くなります。

サイズは江戸期ですと約7㎝くらいのものから、明治期 になりますと10㎝と大きくなっていく傾向にありましたがいずれも職人の熟練を要しました。

 

京都・江戸を中心とし型染は各地で発展し、様々な染色を生み出しました。それは地細工と呼ばれ華やか で開放的な北九州、爽やかな山陰、艶のある金沢、素朴さが滲む東北などそれぞれの土着性を反映した染 物が多く誕生いました。また沖縄の紅型は糊防染、型染、手彩色を併用し中国や南方アジアを彷彿させる ような鮮やかな彩と構成で人々を魅了しています。

日本では江戸時代木綿が普及し、主に藍染を施されていたのですがその多くは型染で染められており、様々 な文様が用いられました。蜀江文様など錦織など織物で用いられることの多い格式高い文様も型紙に起こし 木綿に染めたり、「尚武」とかけて武士の小紋や武具に用いれた菖蒲文様も藍染地の木綿に型染めするなど 多岐に渡り、当時の江戸町人文化の粋を反映したものが多く見られます。

夏には浴衣の文様として型紙に米糊で防染し白地に藍で文様を描く「地白抜き」という技法が重宝され、それらは地白中形として人気を博しました。また長板中形という裏と表の文様がぴたりと重なるように精密に形紙の柄を合わせて置く技法は表裏同じ柄が白く抜け、透けて見えるかの如くと江戸町人の粋のアイテムと さえなりました。

 

一方で多色染された上手の型染は木綿と言えど町民に手の届くものではなく、やはり豪商や武家に集まり主に来賓用の布団皮や座布団などに用いられておりました。この範疇には和更紗も入りますが、多色の型染は形紙の枚数も多く必要となり必然的に高価な綿織物になったためと考えられております。

 

世界中に様々な版染はありますが、当時の日本の型染技術は世界的にみても高水準であり完成されたもの であり、今では古布のコレクターに蒐集されたりまた現代の服飾デザイナーがその柄などを用いリメイクし 新しいファッションを生み出すなど愛され続ける古布と言っても過言ではありません。

販売古布一例

※店内には様々な古布を豊富に取り揃えております。随時古布買取も行っております。

メディア情報